AI×データビジネスの最前線 -技術者の本質が問われる時代のデータサイエンティストの挑戦-

ブックマーク

2022年8月5日に開催されたオンラインイベントのアーカイブ動画となります。

イベントページ:https://techplay.jp/event/865478


------------------------------

▼イベント概要

AIを活用した技術によって私たちの生活は一変しました。

近年では簡単にAI導入を可能にするツールが増え、AIはより身近なものとなり

専門性がなくても気軽にAIを扱えるようになったとも言えます。

ex.自動運転、人工知能搭載ロボット、自動音声チャットボット


しかし、AIを扱う誰もが顧客や社会の課題を解決できるという訳ではありません。


速いスピードで社会が変化し、未来を予測する難易度が高まっている今

未知な課題との遭遇や課題の複雑化が生じています。


このような状況に太刀打ちするためには、価値あるデータから最適な解を導き出すことが重要であり

・専門性=AI技術のベースとなる統計学から理解することで、データを正しく分析する

・分析だけで終わらせず、結果を現場にフィードバックした上で最適解を導き出す

といったスキルや対応が求められています。


今回のイベントでは、

・未経験から学ぶデータサイエンティスト入門 -AIの専門性を身に付ける方法-

・アメリカの最新の事例と日立ハイテクが取り組むAI×データビジネスの現在

・AI技術者の本質と必要な心構・スキル

日立ハイテクが取り組む3つの観点から、AI・データサイエンスに求められる本質をお話します。


3月に開催したイベント「「見る・測る・分析する」×デジタル技術 日立ハイテクの仕掛けるデジタルソリューションとは?」は以下リンクよりアーカイブ動画を配信しております。

日立ハイテクが、コア技術を活用してどのようにデジタルソリューションを推進していくのか、その戦略と実例について詳しく紹介した内容となっておりますので、ぜひご興味の方はこちらもご覧ください!

「見る・測る・分析する」×デジタル技術 日立ハイテクの仕掛けるデジタルソリューションとは?


<Chapter>

00:00:00 オープニング

00:03:14 未経験から学ぶデータサイエンティスト入門-AIの専門性を身に付ける方法-

00:23:10 日立ハイテクが取り組むアメリカでのAI×データビジネスの現在

00:44:24 情報工学系エンジニアにおくる 本質が問われる時代のサイバー×フィジカル的思考

01:01:36 パネルディスカッション

01:16:19 Q&A

01:22:50 クロージング