TOP

「X-Tech」時代に押さえておくべき、安心、安全、便利なAPIの公開方法

イベント内容

加速する「X-Tech」

FinTechをきっかけに、様々な業種・業界の企業がデジタルテクノロジーを活用し新たなサービスの創出(X-Tech)を加速させています。 X-Techビジネス成功のためにはAPIを通じ自社のサービスを公開し、新たなイノベーションを生み出すことが不可欠です。

APIの公開、どうすればよいのか?

しかし、API公開は利便性を考慮したセキュリティ確保やモバイル・スマートスピーカーなど新しいタッチポイントへの対応などこれまでの企業システムとは異なる技術・ノウハウを必要とします。 本セミナーでは、当社の実績・事例をもとにAPI公開の具体的な実践方法に加え、考慮しておくべき事項・課題について解説します。

プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~14:50 オープニング

株式会社オージス総研 事業開発本部 クラウドインテグレーションサービス部 大場 克哉

14:50~15:10 共通ID基盤、API連携認証システムを取り巻く技術動向

株式会社オージス総研  事業開発本部 テミストラクトソリューション部 マネジャー 上席アーキテクト 八幡 孝

X-Techが注目される中、顧客向けサービスの立上げやオープンAPI提供の動きが盛んになり、認証・アクセス管理の機能として共通ID基盤、API連携認証システムの重要性が高まっています。 当講演では、関連する技術動向を紹介し、共通ID基盤、API連携認証システムで検討をしておくべき事項について解説します。

15:10~15:40 「ThemiStruct (テミストラクト) Identity Platform」クックブック 2018 ~共通ID基盤、API連携認証システムを題材に、デモを交えて~

株式会社オージス総研  事業開発本部 テミストラクトソリューション部 鈴川 竜司

  • 統合認証パッケージ ThemiStruct Identity Platform の紹介
  • セットアップしてみる
  • 共通ID基盤として構成してみる
  • API連携認証システムとして構成してみる

15:40~15:55 休憩

15:55~16:25 「API」で新たな顧客体験やオープンイノベーションを実現

株式会社オージス総研  事業開発本部 クラウドインテグレーションサービス部 齋藤 伸也

企業はモバイルやスマートスピーカーなど様々なタッチポイントを通じた顧客体験の提供が求められています。 また、FinTechを皮切りに自社ビジネスを外部に公開し、他者と連携するオープンイノベーションの動きが広がっています。 当講演では、これらを支える「API」について実践的な公開・管理のノウハウや事例を説明いたします。

16:25~17:00 ディスカッション


※記載頂いた内容は、株式会社オージス総研、および株式会社オープンソース活用研究所にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。記載頂いた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。 〔お問い合せ先 および 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※本セミナーは、企業、団体に所属している方を対象にしており、そうでない方はお断りする場合がございます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/11(水)
14:30〜17:00
参加者
3人 / 定員5人
会場
TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター 12A
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-8-17(新槇町ビル12F)