「量子コンピュータによる量子化学計算入門」読書会 13

イベント内容

概要

近年、量子力学の原理を活用したコンピュータである量子コンピュータが社会的に注目されています。 量子コンピュータの有力な活用例として、従来のコンピュータだと計算時間がかかる材料特性のシミュレーションがあります。この勉強会では量子コンピュータによる量子化学計算についての教科書を読んで、量子コンピュータが化学、物性分野にどう利用できるかを勉強していきます。

テキスト

講談社サイエンティフィクから出版されている大阪市立大の杉崎先生のテキスト「量子コンピュータによる量子化学計算入門」 https://www.kspub.co.jp/book/detail/5218273.html を読みます。 読書会に参加される方はこの本を手元に用意することを推奨します。

今回の内容

7.5

進め方

この読書会はオンラインでスカイプを用いて開催します。 開始時刻になったら、主催者がこの読書会のスカイプの音声通話を開始します。 基本的には主催者が教科書の該当範囲の説明をする、数式がある場合はその計算について解説をします。そして参加者は適宜、質問して議論をして理解を深めるという形を想定しています。なお洗練された講義とはほど遠いと思いますので、参加される場合はその点ご了承ください。

毎週金曜日の21:00~22:00の開催を想定しています。

参加方法

参加する方はconnpassで参加申し込みをお願いします。申し込み後、「参加者への情報」欄において、この読書会のスカイプに参加するためのリンクが表示されます。そのリンクをコピペしてchromeなどのブラウザに貼り付けるとスカイプが開きますので、グループチャットに参加してください。connpassの仕様上、他のイベントと重なって参加申し込みできずにリンクが分からない場合はslackで前日までに個人メッセージを送ってくださればリンクを個別にお送りいたします。

注意点

今回読む本はブルーバックスのような啓蒙書ではありません。教養番組のように分かりやすいグラフィックで手軽に理解したいという方・数式を使わずに理解したいという方には向いていません。 この本では量子力学の基礎については既知とされていますので、量子力学については他の本で少し勉強していると理解がしやすいと思います。 また読み終わるまでに最低半年くらいの相当な時間がかかると思います。短期間で読み終えたいという方には向いておりません。 スカイプの通話は通信容量やプライバシー等の問題からビデオはオフで参加してください。またマイクも質問するとき以外は雑音を減らすためにオフに設定してください。

その他

地震(目安として震度5強以上)、大規模停電、通信障害などでやむを得ず予告なしに中止する場合がございます。ご了承ください。
また、迷惑行為、ハラスメント行為は禁止です。もし被害にあった場合は主催者までご報告下さい。迷惑行為を行った場合は今後の勉強会参加をお断りさせていただきます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。