TOP

第2回concrete5京都勉強会

イベント内容

内容

今回は主にWeb制作者向けの内容になります。concrete5の最新バージョン 5.7 のためにテーマを開発する手順をハンズオン形式で勉強します。

HTMLテンプレートをconcrete5のテーマに変換する

concrete5では、HTMLが用意できていれば、短時間でCMSから編集可能なテーマを作成できます。こちらのHTMLテンプレートを使う予定です。
http://startbootstrap.com/template-overviews/business-casual/

テーマカスタマイズ機能に対応する

concrete5で、テーマの色や背景画像を画面からかんたんにカスタマイズする機能に対応する方法をご紹介します。

グリッドフレームワークに対応する

concrete5のテーマをレスポンシブ対応する方法をご紹介します。

準備

  • 当日に実際に手を動かしてテーマ作成してみたい方は、あらかじめconcrete5のバージョン5.7.3.1を「空白のサイト」でインストールしてから参加してください。MAMPやXAMPPなどのローカル環境がおすすめですが、ご自身で契約しているレンタルサーバーでも可です。
  • インストール方法が分からない/当日までに間に合わなかったと言う方は、会場に早めにお越しください。インストール手順をお手伝いします。勉強会開始後は、インストールが終わっている前提で進めます。
  • テーマを作成しますので、HTML/CSS/PHPファイルを編集するためのテキストエディタもご用意ください。

備考

  • HTML/CSS/PHPについての知識や編集方法についてはサポートできません。時間が限られていますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。
  • テーマの作成作業を実際に行なわなくても、聴講のみで参加可能です。
  • 途中入退室OKです!

主催

concrete5 関西ユーザーグループ

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。