TOP

【無料セミナー】「Liferay vs Alfresco」チームコラボレーションと、スマートフォン・タブレットからの利用

イベント内容

Alfrescoとは、オープンソースのドキュメント管理ツールであり、クラウド時代の「エンタープライズ・コンテンツプラットフォーム」です。
以下の特徴があります。
・Alfrescoプラットフォームでは、シンプルなビジネス文書から、スキャナーで取り込んだ画像、写真、設計図、大きな動画ファイルに至る、あらゆる種類のコンテンツを完全に管理できます。
・Alfrescoに内蔵されているワークフローを使えば、書類を多用するビジネスプロセスを自動化して、より効率的に、かつ正確に業務をこなせます。
・Alfrescoのコラボレーション機能により、ファイアウォールの内側はもちろん、外側でも安全に共同作業を行えます。
・クラウドとの同期によるインターネット上でのドキュメント共有や、スマートフォンやタブレット端末からのドキュメント参照が可能です。

本セミナーでは、比較検討されることの多い、AlfrescoとLiferay(オープンソースの企業情報ポータル)について、「チームコラボレーションと、スマートフォン・タブレットからの利用」といった視点で解説します。
チームコラボレーションとは、複数の組織がインターネットを利用してドキュメントなどの情報共有を行う活動です。社内だけではなく社外の組織とコラボレーションするケースや、スマートフォン・タブレットを活用してインターネットから社内情報にアクセスするケースなど、ニーズが増えています。

プログラム
 17:40~ 受付
 18:00~18:40 「Liferay vs Alfresco」チームコラボレーションと、スマートフォン・タブレットからの利用
 18:40~18:50 休憩
 18:50~19:30 Alfrescoによるドキュメント管理事例紹介と、Alfresco+Liferay連携
 19:30~19:40 質疑応答
 19:40     終了
(19:40~20:00 個別相談)

主催
株式会社ヴィセント

※席に限りがありますため、Alfrescoパートナー様、Alfresco事業者様のご参加はご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2014/04/23(水)
18:00〜20:00
参加者
14人 / 定員20人
会場
関東ITソフトウェア健保会館
東京都新宿区百人町2-27-6 関東ITソフトウェア健保会館1F D室