TOP

姫路JavaScript勉強会 ~ちゃんと基礎から勉強しよか~ #6(前編)

イベント内容

姫路JavaScript勉強会Vol.6(前編)を開催します

今回は第6回の開催です。指定テキストのChapter6、JavaScriptの組み込みオブジェクトの使い方を演習します。

JavaScriptにはじめから用意されている便利なメソッドをもつオブジェクトを利用したテクニックを使って、実際に動かしてみましょう。(正規表現なんかもやっちゃいます)

【注)今回はいつもと部屋が違います】

Chapter6はテキスト中で最長のページ数をもつ章です。見たところ時間内に終わりそうにありませんので、Chapter6は前後編の2回に分けて開催します。

ちゃんと基礎からJavaScriptを勉強してみよか

「JavaScriptの基本をちゃんと勉強したいなぁ」という思惑の人と「姫路周辺でJavaScriptの話ができる人が増えたらいいなぁ」という思惑の人が一緒にJavaScriptの勉強をすることになりました。せっかくなので、「一緒に勉強したい!」という人がいましたら、ぜひトゥゲャザーしましょう。

JavaScriptを基礎から解説した市販の書籍を使い、ディスカッションしながら「JavaScriptの基礎」を身につけるのが目標です。(使用書籍は後述します)

1回の開催では全ての内容を学習しきれませんので全10回くらいのシリーズものになりますが、「欠席してはいけない」ということはありません。欠席した回の部分は自習し、分からない点などは次回参加時に仲間に質問する、といった参加スタイルでもOKです!

こんな人はぜひご参加ください

JavaScriptは書いたことあるけど、基礎は勉強したことがない

オブジェクトって単語は知ってるけど、実際あんまよく分かってない

勉強しなきゃとは思うけど、つい他のことを優先しがち

1人では本を読んでも分からないし続かない

ぼちぼちWebプログラミングを初めたい

DOM操作くらいはできるけど、もっと深くJavaScriptを勉強したい

誰かにJavaScriptを教えたい

必要なもの

指定テキスト「10日でおぼえるJavaScript入門教室 第3版」が必要です。勉強会当日までにご購入ください。

10日でおぼえるJavaScript入門教室 第3版

また、指定テキストには実際にコードを書いて練習する内容も含みますので、パソコンをご持参いただいたほうが勉強しやすいと思います。

会場と駐車スペースについて

姫路労働会館の駐車場を利用可能ですが、満車の場合は近隣のコインパーキングなど、有料駐車場をご利用いただくことになります。自動車でご来場予定の方は、あらかじめご了承ください。

会場はJR姫路駅から徒歩15分ほどですので、公共交通機関のご利用をお薦めします。

公共交通機関(から徒歩)の場合

JR姫路駅の中央口、南側の出口を出てすぐ左(東方向)へ、線路の高架沿いに進み、ハローワーク姫路のある交差点を右折して南方向へ直進。

高速道路から自動車の場合

姫路バイパスの姫路南ランプで降りてすぐ北方向へ。上り線(東行き)から降りた場合は左折。下り線(西行き)から降りた場合は右折して高架下をくぐります。

「市役所前」交差点を右折し、川を越えて「三左衛門堀橋東詰」交差点を左折して北方向へ直進。

会場までの経路図

姫路市北条一丁目98番地
TEL: 079-223-1981

会場の駐車場

参加に関するお問い合わせ先

Twitterにて@wildwest_kazyaまで。

参加者
4人 /定員10人
申込先
会場
兵庫県立 姫路労働会館 3F 第4会議室
姫路市北条一丁目98番地

注目のイベント

タグに関連するイベント

コラム

イベント

【レポート】データ活用ビジネスの始め方:デジタルマーケティング[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
234 views
イベント

【レポート】デジタルマーケティングから紐解き、マーケティングをもういちど考える:デジタルマーケティング[第1部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
375 views
イベント

11月(後半)に開催される注目のITイベント・勉強会まとめ

11月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加...
697 views