AngularJSとバックエンドサービスAppPotで作る業務システムハンズオン

イベント内容

概要

企業向けバックエンドサービスのAppPotを使用して、サーバーサイドの開発無しにデータベースを使用するシステムを開発するハンズオンです。

今回は画面の開発に社内システムなどでも良くしようされているAngularJSを使います。

こんな人におすすめです

  • 情報システム部の方、SIerでSEや開発をしている方など企業向けのWebシステムや、モバイルアプリを企画、開発している人。
  • バックエンドサービスを使って、今時のアプリ開発を体験してみたい人。

JavaScriptの知識がハンズオンを進めるにあたって必要になります。 AngularJSの詳細な説明は行いませんので、AngularJSはなんとなく分かるくらいの方がよいかも知れません。

iOSアプリ開発、Androidアプリ開発は別途企画中ですので、後日、そちらにご参加下さい。

AppPot

Enterprise mBaaS製品であるAppPotはビジネスで利用するモバイルアプリの開発と運用のためのプラットフォームです。 AppPotの製品ページはこちらです。 http://apppot.jp/

スケジュール

内容 時間
1. AppPotの概要説明と、ハンズオンで作成するシステムやアーキテクチャの説明 20分
2. アプリの定義やユーザーを作成する 10分
3. ログインするアプリを作成して、動作確認する 20分
4. データの定義を行う 20分
5. データベースにアクセスする機能を作る 20分

持ち物

インストールが難しい方は当日、サポートします。

ハンズオンの材料

https://github.com/NCDCHub/AppPot-AngularJS-HandsOn-Pub/releases/tag/20160714

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。