Android端末に直挿しできる開発ボード「Waffle」ハンズオン

イベント内容

はじめに

クラウドファンディングにてWaffleにご支援いただいたみなさま、ありがとうございました! ささやかながらお礼の意味を込めて、ハンズオン形式で使い方を解説します。

本イベントの対象となる方

本イベントは、スマホにつながる基板「Waffle」を持参して頂くことを前提としています。

6/4追記 Waffleがツクモさんで販売開始しました!こちらからご購入いただけます。

Waffleを使って、センサとスマホを連携させたIoTプロジェクトにトライしましょう。ハンズオン形式で、実際にコードを書いていきます。

Waffle_windmill_poster.png

スケジュール

15:30-16:00 開場
16:00-18:30 ハンズオン
18:40-19:00 ライトニングトーク(仮)
20:00-22:00 懇親会 (希望者がいれば秋葉原のどこかのお店にいって飲みましょう)

もうすでにWaffleで面白いプロダクトを作ったよ!という猛者がいらっしゃいましたら、ぜひライトニングトークをお願いします(笑)。発表時間は一人5分です。

ハンズオンの内容

  • Arduinoでの開発方法
  • サンプルAndroidアプリの使い方を解説
  • Milkcocoaと接続。freeboardにセンサーデータをリアルタイム表示
  • (時間が余ったら) Androidアプリ開発のポイントを解説

会場 ツクモパソコン本店 4F

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-9-7

秋葉原の電気街です!

http://www.tsukumo.co.jp/shop/honten/

会場注意

会場での飲食は禁止となっております。 ただし蓋のついた飲み物であれば持ち込み可能です。 あらかじめご了承下さい。

持ち物

  • PC (後述の「PCの準備:インストール」も参照ください)
  • Waffle
  • Androidスマートフォン(microUSBコネクタを備えたもの)をお持ちでしたらご持参ください。無くてもハンズオンは受講可能です。
  • microUSB-USB変換アダプタ(できれば:下記補足)
  • Grove温湿度センサ(できれば:下記補足)

補足

USB変換アダプタとGrove温湿度センサについては、講師側でいくらか準備をしていますが、足りなくなる可能性もあります。ご持参頂けるとハンズオンがよりスムーズに進むと思います。なるべくご協力いただけますと助かります。

PCの準備:インストール

  • Arduino IDEをインストールしてください
  • もしできればAndroid Studioもインストールしてください。必須ではありません。

※講師側はMacを想定しています。Mac以外でも問題ないですが対応が厳しい場合もございます。あらかじめご了承ください。

参考リンク

講師プロフィール

浜谷 光吉

製造業メーカー勤務、技術開発職。2009年に Maker Faire に出会い、仕事の傍らで電子工作やAndroidアプリを製作している。

ハードウェアで関わった作品としては、吐息伝達装置「FuuFuu」、人と人をつなぐ弁当箱「X-Ben」、投げると喋るボール「あそボール」など。Androidアプリとしては、株式会社雷公鞭にて開発したARアプリ「POPSTAR」がある。

主催

諸注意

  • イベント内容は一部変更になる可能性がございます。
  • イベント当日の様子は後日何らかの媒体にて公開させていただくことがございます。
  • お申込後運営都合によりご参加をキャンセルさせて頂く場合がございます。予めご了承頂けますようお願いいたします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。