slideship Tech Dive v1.0 #React / ReactVR / #VueJs

イベント内容

※ 2017-07-11 11:00 満員御礼につき参加枠を拡大しました (40 => 60)

slideship Tech Dive とは

slideship Tech Dive は、slideship Inc. が主催する、プログラミング、Web関連テクノロジー、プロダクト開発、チームビルディングなどのトピックを扱う勉強会、あるいは Meetup イベントです。

初学者に優しく、中級者以上でも得られるものがある程度のバランスのイベントとなることを目指しています。

イベント概要

slideship Tech Dive 第1回です。今回は Web アプリケーションのフロントエンドにフォーカスを当て3つのセッションをお届けします。

対象者

  • React や Vue.js、Angular などのモダン・フレームワーク/ライブラリに興味のあるかた、利用しているかた
  • ゲストスピーカーや他の参加者への敬意と礼節を持って参加いただけるかた

セッション概要

セッション1: Vue.js 効果的だった事例から見る利点と特徴

ゲストスピーカー: 株式会社CMSコミュニケーションズ 橋本 安司 @yellow844 さん

「フロンエンドエンジニア」という呼称が一般的になり、jQuery・Backborn.js・Angular・ReactやVue.js など多くのJavaScript フレームワークが存在している昨今、専任のフロントエンジニアでも何を選択するべきか判断に迷うことも多いと思います。

今回は実際に仕事の場で「Vue.js」が効果的だった事例をとりあえげ、「Vue.js」がフロントエンドジニアにもたらす「利点」と「特徴」をお話しします。

セッション2: ReactVR でつくるサーバ連動型インタラクティブ VR

ゲストスピーカー: グレーティブ合同会社 代表 原 一浩 @kara_d さん

ReactVR は Facebook が開発し、GitHub にて BSDライセンスで公開しているオープンソースの VR アプリケーションフレームワークです。Web ブラウザ向けに WebGL と WebVR を使った VR アプリケーションを作るための様々な仕組みが提供されています。

ReactVR を使った VR コンテンツを制作してみると、ちょっとしたものはすぐできても、凝ったことをやると「あれ?これどうやるんだろう?」という疑問が出てきます。本発表では、サーバと連動したインタラクティブなコンテンツを作っていく過程で感じた React との違うポイント、変わらないポイント、VR アプリケーションにおける状態管理のあたりの正直なところを中心にお話しをします。

※ 現在、HTML5Experts.jp にて React VR の記事を連載中です。 ※ 予習コーナーにて取り上げていただいたSPA はじめてガイドブックを書いています。こちらは、SPA がいまいちよくわからない人に向けたゆるめのコラム連載となっています。

セッション3: React SPA における OGP への挑戦

スピーカー: 株式会社slideship 池内 孝啓 @iktakahiro

slideship.com は、React による SPA (Single Page Application) をアーキテクチャとして採用し実装されています。

SPA (Single Page Application) を採用する場合、しばしば Google Search Engine に対する最適化や、Twitter や Facebook などの採用する OGP (Open Graph Protocol) への対応が課題とされます。SSR (Server Side Rendering) はその解決策の1つとして知られています。

しかし、Web アプリケーションを RESTful API + SPA という組み合わせにし、かつ SPA を CDN (Contents Delivery Network) で配信する場合、SSR を容易に取り入れられないという課題があります。

slideship.com は、React による SPA + Amazon Cloudfront + Amazon S3 という構成を採用しています。slideship は現在、非SSR のアプローチでの OGP 最適化に取り組んでいます。当日はその成果を発表します。

※ 追記 ()

タイムテーブル

時間 内容 スピーカー
19:00 受付開始 --
19:00 - 19:30 入場 --
19:30 - 19:35 オープニングセッション・会場案内 運営チーム
19:40 - 20:05 Vue.js 効果的だった事例から見る利点と特徴 橋本 安司 @yellow844
20:10 - 20:35 ReactVR でつくるサーバ連動型インタラクティブ VR 原 一浩 @kara_d さん
20:45 - 21:10 React SPA における OGP への挑戦 池内 孝啓 @iktakahiro
21:15 - 21:20 LT-1 (仮) PATENTS問題とfast-asyncについて 石井 直矢 @kaidempa さん
21:20 - 21:23 LT-2 フロントエンド速習コース(仮) @taisa831
21:23 - 21:26 LT-3 書籍プレゼント企画 -
21:26 - 21:29 LT-4 RxJSコトハジメ @massa142
21:30 - 21:55 余韻にひたりながら親睦を深める時間 参加者
22:00 撤収 --

※ 今回 飲食物の提供はございません。

会場と受付

  • Yahoo! JAPAN 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町

紀尾井タワー 2Fの Yahoo! JAPAN 受付の横のフラッパーゲートを通過し(このとき受付は必要なし)、エレベーターで 18F へお上がりください。18F LODGE のコワーキングスペース受付の近くに誘導員が案内板などをもって待機しています。18F の待合場所で何人かの参加者が集まった後に誘導員が 18F から 17F へ先導し、17F のセミナールーム近くの受付カウンターにて受付を行います。受付では connpass の受付票をご提示いただければ入館証をお渡しします。

18F のLODGE 受付 (ならびに同日に開催している他イベントの受付) とは別になりますので誤って受付しないようにご注意ください。また Yahoo! JAPAN の受付の方や警備員の方は本イベントとは無関係ですので、入館や受付についてお尋ねにならないようお願いいたします。

注意事項・その他

  • 会場では電源および Wi-Fi を利用できます。
  • 緊急のご連絡は右記の Twitter アカウントにお願いいたします。 @slideship

予習コーナー

今回のゲストスピーカー 原さんの公開されている「SPAはじめてガイドブック」は、SPA の歴史から課題、そしてその先までが簡潔にまとめられたドキュメントです。もちろん必須ではありませんが、このガイドブックをご覧になられてから参加されると、よりいっそう理解が深まるのではないかと思います。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

LUMION FINAL 2019 東京

〒108-0075 東京都港区港南1丁目2−2番70 3F 品川シーズンテラスカンファレンス

13:00 〜18:00

12月 3 TUE

LUMION FINAL 2019 大阪

〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目18−22 新大阪丸ビル別館 10F

13:00 〜17:00

12月 11 WED