TOP

前橋開催!Web×IoT メイカーズチャレンジ 2017 【ハンズオン講習&ハッカソン】

イベント内容

Web×IoT メイカーズチャレンジ 2017 in 前橋

全国5ヶ所で開催される若者を対象とした IoT スキルアップのためのイベントシリーズ 「Web×IoTメイカーズチャレンジ 2017」

前橋会場では、2018 年 1/20 (土)、1/21 (日) の 2 日間、CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を使って、物理デバイス(モノ)を JavaScript からコントロールする 「WebGPIO」 や「WebI2C」 といった低レベル API の操作などを学ぶ実践講習会を行います。講習会後、4 週間の準備期間を経て、 2/17 (土)- 2/18 (日) に 実際に作品を作っていただくハッカソンを開催します!

「Web を触ったり、ちょっとしたプログラミングならやったことがあるけれど、Raspberry Pi は触ったことがない・・・」という方、「組み込み開発の知識はあるけれど、Web 技術での制御は未経験・・・」といった方などに特にオススメのハンズオン講習会とハッカソンです。

講習会の 2 日目には、ハッカソンに向けてのチーム分けを行った後、実際にどんなものをチームで作るかのアイデアソンの時間も設けます。

2/17-18 開催のハッカソンのみ参加される方を追加募集します!(年齢制限はなし)詳しくは こちら をご覧ください。

★★★ 参加特典が盛り沢山! ★★★

  • ハッカソン作品制作にかかる材料費 (1チームあたり MAX 25,000 円)の補助あり!
  • ハッカソン終了後、チームに 1 台 Raspberry Pi 3 をプレゼント!
  • 最優秀チームは、上毛新聞社様主催で 3/24 に開催される「ぐんまプログラミングアワード」の “ファイナルステージ” で作品発表の機会が与えられます!(作品が素晴らしければスポンサー賞のチャンス!!)
  • 最優秀チームには、2018 年 3 月 9 日に東京で開催のスマート IoT 推進フォーラム総会での作品展示&ご招待!

Web から物理デバイスの制御を学べる絶好のチャンス! ぜひお気軽にご参加ください。

■ 開催スケジュール (予定)

※各日程のスタート時間は 9:30~10:00の間で今後調整予定です
基本的に本イベントは、1/20-21 の講習会と 2/17-18 のハッカソンの両方にご参加いただくことが前提となります

1/20 (土)ハンズオン講習会 (Day 1)

  • 内容: IoT 開発の基礎知識(電波利用の基礎を含む)、 CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を使った IoT 実践講習
  • 時間: 9:30 ~ 18:30 (途中、昼食休憩を挟みます)
  • 会場: 前橋プラザ元気 21 1階にぎわいホール 

1/21 (日)ハンズオン講習会 (Day 2) & アイデアワークショップ

  • 内容: (前半) CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を使った IoT 実践講習 / (後半)ハッカソンに向けてのアイデア出しワークショップとチーム分け
  • 時間: 9:30 ~ 18:30 (途中、昼食休憩を挟みます)
  • 会場: 前橋プラザ元気 21 1階にぎわいホール

2/17 (土)ハッカソン (Day 1)

  • 内容: ハンズオン講習会で得た知識を活かし、IoT を活用した作品づくりを行い、チーム毎に出来栄えを競います。
  • 時間: 9:30 10:00 ~ 19:00
  • 会場: 前橋問屋センター会館

2/18 (日)ハッカソン (Day 2)

  • 内容: 14:30 までは作品づくり、14:30 からは成果発表と審査、最後に懇親会を行います。
  • 時間: 9:30 10:00 ~ 19:00
  • 会場: 前橋問屋センター会館

■ 開催概要

イベント名 Web × IoT メイカーズチャレンジ 2017 in 前橋
日程 2018 年 1 月 20 日(土) - 21 (日)(講習会)
2018 年 2 月 17 日(土) - 18 日(日)(ハッカソン)
会場 講習会 (1/20-21): 前橋プラザ元気 21 1階にぎわいホール (群馬県前橋市本町二丁目12番1号)
ハッカソン (2/17-18): 前橋問屋センター会館 (前橋市問屋町二丁目二番地)
参加費 無料
定員 25 名
応募資格 ・高校生以上、24 才以下の方
・プログラミング経験がある方 (ご自身で 100 行程度以上のプログラムを書いたことがある方、さらに、プログラミング言語として JavaScript、HTML を使ったことがある方であればなお望ましい)
・1/20-21 の講習会、2/17-18 のハッカソンの両方にご参加いただける方
主催 Web×IoT メイカーズチャレンジ 2017 実行委員会 前橋運営委員会
(このイベントは総務省「IoT 機器等の電波利用システムの適正利用のための ICT 人材育成事業」として実施しています)
協力 共愛学園前橋国際大学群馬大学前橋工科大学上毛新聞社前橋市KDDI株式会社
CHIRIMEN Open Hardware
後援 スマート IoT 推進フォーラム
運営事務局 公益財団法人 KDDI財団
一般社団法人WebDINO Japan

■ ハンズオン講習について

CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を教材に、サンプルプログラムを触りながら、実際に自分でセンサーやアクチュエータ(モータなど)を制御する実習を行います。IoT 開発を進めるうえで知っておくべき電波についての基礎知識についても学びます。 講習当日に教材として利用する Raspberry Pi 3 MODEL B および必要な周辺機器は当日お貸し出しいたします。 実習にノート PC は必須ではありませんが、調べ物等で必要な方はご持参ください。

講師:

嶋 是一 氏(NPO法人日本Androidの会理事長)に講習1日目に行う座学の講師をご担当いただきます。 なお、CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を使ったハンズオン講習は、チュートリアルドキュメント を作成された tadfmac氏にメンターとして進行役を担当いただきます。

■ アイデアワークショップ

ハンズオン講習2日目の後半にハッカソンに向けてのアイデアワークショップ(アイデアソン)を行います。

チーム分け:

  • ハッカソンのチーム分けは、ハンズオン講習 2 日目の後半に行われるアイデアワークショップで行います。
  • 同じチームを希望されるメンバーがいる場合は、お申込時のアンケートにその旨ご記入ください。

■ ハッカソンについて

機材や環境:

  • Raspberry Pi 3 は、ハンズオン講習会で使ったボードをチームに 2 台、ハッカソン当日まで準備用としてお貸し出しします。開発に必要な周辺機器(電源アダプター、モニター、キーボード、マウス、SD カードメモリ等)も希望者にはお貸し出しいたします。
  • 今回のハッカソンでは、各チームの作品の制作や開発に関わるセンサーや作品部材の材料費の実費を 1 チームあたり税込 25,000円を上限に主催者が負担いたします。材料は事前に購入され、当日会場にご持参いただくことができますが、必ずレシートまたは領収書が必要となります。精算方法等詳細については別途、各参加チームの代表者の方にお知らせいたします。
  • 主なセンサー類は、当日、ハッカソン会場でも現金販売を行う予定です。

ハッカソン参加注意事項:

  • 本ハッカソン各参加者の方は、お申し込み前に必ず ハッカソン同意書 をご確認ください。
  • なお、ハッカソン終了後には、各チームに成果物に対する知的財産権等の扱いに関する ハッカソン確認書 のご提出をお願いいたします。
  • 実践講習 (1/20-21) 後、ハッカソンまでの 4 週間で作品制作に必要な材料をチームでご準備ください。
  • ハッカソン当日にコーディング、電子工作、組み立て等いずれかの作業を行ってください。
  • チーム作業時間中に、作品制作と成果発表の準備を完了させてください。
  • ハッカソン開催時間中の外出やメンバーの途中退出等は自由です。

制作物の条件:

  • ネットワークサービスの連携もしくはネットワークからのコントロールが可能なこと
  • Raspberry Pi 3 を使って、講習で学んだ Web GPIO API あるいは Web I2C API のいずれかを利用すること

表彰:

最優秀作品 1 チーム (最優秀作品は、2018 年 3 月 24 日に開催される「ぐんまプログラミングアワード 2018」のファイナルステージの晴れ舞台でハッカソン作品の発表を行える栄誉が与えられます。(素晴らしい作品と判断された場合はスポンサー賞対象の可能性もあります!)また、2018 年 3 月 9 日に東京で開催予定の「スマート IoT 推進フォーラム総会」にて作品展示とメンバーのご招待があります。

審査基準:

  • ソフトウェア・ハードウェアの実装力
  • アイデアの独創性・ユースケースの有用性
  • 無線の活用度
    (成果のプレゼンテーションが上手いか、ビジネスにつながるかについては評価の対象外とします)

審査員:

ハッカソン審査員は、以下の皆様です。※五十音順 (2/8 追記)

CD-Rの発明と製品化で2000年に全国発明表彰科学技術長官賞を受賞された
太陽誘電株式会社 開発研究所 機能デバイス開発部 主席研究員
石黒 隆 氏

ぐんまプログラミングアワードを主催する
上毛新聞社 取締役事業局長
鎌田 一郎 氏

Web×IoTメイカーズチャレンジ 2017 in 前橋運営委員会主査
KDDI株式会社 技術企画本部 技術開発戦略部 マネージャー
高木 悟 氏

■ 参加申し込み方法:

本ページ (Connpass) にてお申込みを受け付けます。
※ 2017 年 12 月 17 日実施の本イベントの予備講習「初めての JavaScript 1DAY 講習」に参加された方は、あらためてこちらのページでお申込みいただく必要はございません。

お申込みの際は、以下の項目についてのアンケートにご回答いただきます。

  • お名前
  • ご所属先(学校・学部・学年 または会社等所属組織名等)
  • 年齢
  • ご連絡先 Email アドレス
  • ハッカソンで同じチームを希望されるメンバー名などがあればお知らせください
  • プログラミングの経験や本講習会やハッカソンへ参加についてのコメントがあればご記入ください

[本文中に記載されているブランド名、会社名、製品名等は、それぞれ各社の登録商標または商標です。]

参加者
10人 /定員25人
申込先
会場
前橋問屋センター会館
群馬県前橋市問屋町2-2

注目のイベント

コラム

イベント

最先端ディープランニング活用事例大集合! - Deep Learningオールスターズ2017 -

2017年6月25日13時より「Deep Learningオールスターズ2017」が開催されました。 本イベントは様々な領域...
843 views
イベント

「SREは事業の成長を支える鍵に」ランサーズの多角化を後押しした施策まとめ

あのGoogleが最初に提唱した、Webサイトの安定性と信頼性を高めるインフラ構築の新手法ーー。そんな説明は...
338 views
インタビュー

Interview with event participants

Here at Tokyo Tech Startups event, early-stage startups are able to present their business ideas, se...
123 views