TOP

2月ワークショップ「やってみようビスケットプログラミング」

イベント内容

今月はビスケット・ファシリテーターの勝沼奈緒実さんをお招きして、ビスケットプログラミングを体験します。

言葉を使わないでコンピュータをプログラミングできるビスケットを知っていますか?自分で描いた絵を動かして、ゲームを作ってタブレットやスマートフォンで遊んだり、楽器を作って音楽を演奏させたり…文字の読めない小さな子どもからコンピュータを触ったことのない大人、情報科学の専門家も一緒に楽しむことができます。
https://www.viscuit.com/
今回はビスケットで作った作品を一つのスクリーンで楽しむことのできるビスケットランドと世界に一つだけのオリジナル楽器での演奏を楽しみます。テーマはバレンタインデー♡甘くて楽しい作品を作ってみんなで、楽しみましょう!


対象: 幼稚園・保育園年長(5歳児クラス)以上中学生くらいまで(それ以外はご相談)
人数: 15人

以下日時と場所などの情報です。
日時: 2018年2月4日(日)9:30-11:45(9:15より受付)
場所:世田谷文化生活情報センター生活工房
市民活動支援コーナー スペースA・B
〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3階
http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/modules/aboutus/access_ldc.php

  • 今回も、先着順での受付といたします。一旦定員になりますと、キャンセル待ちの登録となります。繰り上がり次第、システムから連絡が行く仕組みになっています。
  • 受付の際には、お申込み後送信されるチケットメールをスタッフにお見せいただくか、チケットメールに表示されているQRマーカーの下にある四桁の数字をお伝え下さい。

「レポーター枠」

今回より、レポーター枠をご用意いたしました。OtOMOのワークショップはご体験いただける方が限られているという課題があり、二次的に参加者目線で体験を共有してもらいたいと考え企画いたしました。
ご自身のメディア(ブログ、公開されているSNS)などでレポートしていただける方を対象に
参加費は当方負担(無料)で募集します。

条件
・文量:2,000字を目安
・メディア:ご自身のメディア(ブログ、公開されているSNS)など
・期限:2月中に公開
・その他:公開前審査は致しませんが、誹謗中傷プライバシー等の配慮を理由に公開を停止いただく場合もございます。
※内容についてご判断に迷われる場合Scratchのコミュニティーガイドラインをご参照下さい。https://scratch.mit.edu/community_guidelines

お申し込みの際に、連絡欄で
・ご掲載予定のメディア
・自己紹介
をお願いします。

応募多数の場合、厳正な審査の上ご依頼いたします。


  1. パソコン、viscuitアプリを入れたタブレット(Android, iPad)をご持参ください。(ご連絡いただければお貸し出しも可能です)
    • パソコンで使う場合やアプリの入手方法は https://www.viscuit.com/ のサイトの「あそぶ」のリンクを参照してください。
    • スマートフォンでのご参加も可能ですが、画面サイズの大きなものを推奨します。また実施中のお電話呼び出しに備え予め設定(留守番、ドライブモードなど)をお願いします。
  2. 当日は会場のネットワークが混み合うため予めアプリのインストールをお願いいたします。
  3. ご持参いただいたパソコン、タブレットは会場のネットワークの状況によりWiFiの設定を操作(追加)させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  4. 会場において、OtOMOスタッフ、および見学者の方が活動の記録のために写真、ムービーを撮影する場合があります。記録はOtOMOの活動報告などのため、インターネット等で公開させていただくことがありますことをご了承ください。

本イベントの紹介ページ
http://otomo.scratch-ja.org/post/169758347164/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/02/04(日)
09:30〜11:45
参加者
定員15人
会場
世田谷文化生活情報センター 生活工房 市民活動支援コーナー スペースA、B
〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3階

注目のポジション