TOP

Hatena Design Hour #6 in Tokyo

イベント内容

「デザインを見て、デザインを学ぶ」

Hatena Design Hourは、Webサービスの開発に関わっている、Webサービスに興味がある、そんな、Webサービスが大好きなデザイナーのためのイベントです。

このイベントでは、はてなでWebサービスの開発に関わるデザイナーが、自身の関わるプロジェクトからホットなトピックを持ち寄り、デザインの見どころや制作の裏話を、様々な角度からご紹介します。開発の現場で繰り広げられた試行錯誤や創意工夫、成功と失敗の物語から、あなたの探している問題解決のヒントが見つかるかもしれません。

6回目のテーマは「コンテンツとデザイナー」。

はてなのサービスには多様なコンテンツが存在します。それらを扱うときにデザイナーたちが大切にしていることや、プロダクトに活かすための工夫を、各サービスからの視点で語ります。

http://design.hatenastaff.com/entry/hdh6

当日発表後の懇親会では「ハテナが飛び交う」をテーマした飲食も提供予定です、お酒や飲み物を片手に、ぜひ最後までお楽しみいただけると幸いです。

イベント概要

  • イベント名:Hatena Design Hour #6 in Tokyo
  • 日時:2018年06月01日(金)19:30 - 22:00(19:00受付開始・懇親会含む)
  • 参加費:無料
  • 定員:60名(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
  • 会場:株式会社サポーターズ 東京オフィス (株式会社はてなの東京オフィスではありません)
  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA 11F

発表概要(各15分)

Mackerelにおける状態のデザイン(仮) - 伊藤拓

サーバー管理・監視サービスであるMackerelは、サービス全体が大きな管理画面のようになっています。そのため、今どうなっているかという「状態」がとても重要な意味を持ちます。いくつかの機能を例に「状態」という情報をどう扱っているかを紹介します。

ブログを書く足掛かりへの取り組み - mazco

はてなブログではユーザーのみなさまが思い思いにブログを書けるよう、様々な取り組みを行っています。「お題」や「デザインテーマ」といった、ブログを書く後押しの施策をご紹介し、それらにデザイナーがどう関わってきたかをお話しします。

はてなブログにおけるUGCとデザイナー - ueday

はてなブログには日々沢山の記事が投稿されています。デザイナーは、それらの記事の持つ力を、うまくサービス開発に活かしていく立場にあります。はてなブログでUGC(User Generated Content: ユーザー生成コンテンツ)を扱うときの考え方や大切にしていること、デザイン事例などを共有します。

カクヨムにおける購読体験のデザイン - 村田智

ウェブ小説の魅力のひとつに多様な作品に出会えるということがあります。カクヨムでは、読者の皆さまが数多くのお気に入り小説の更新情報を、ストレスなく追いかけられる仕組みづくりに力を入れています。機能の背景やユースケース等を交えながら、購読体験の改善に関するデザインとその考えを紹介します。

タイムテーブル

  • 19:00 - 19:30 受付
  • 19:30 - 20:55 プレゼンテーション
  • 21:00 - 22:00 懇親会

イベント当日の注意事項

  • #4までとは会場が変わっていますので、お気をつけください。
  • デザイナー対象のイベントですので、応募者多数の場合はデザイナーを優先させて頂く場合があります。
  • 駐車場、駐輪場はありませんので、電車、バス等の公共交通機関でお越しください。
  • 当日Wi-Fiのご用意はありますが、電源等はお貸し出来ませんのでご注意ください。
  • 懇親会がございますので、ぜひお名刺などご持参ください。
  • イベント会場の様子はブログ等で公開される場合がありますので、ご了承ください。
  • 正面玄関が施錠されるため、20時以降は入場することができません。会場へは、お早めにお越しください。
2018/06/01(金)
19:30〜22:00
参加者
60人 / 定員60人
会場
株式会社サポーターズ 東京オフィス
東京都渋谷区道玄坂1-9-5 渋谷スクエアA 11F