TOP

IoTワークショップ ~技術をどう生活や事業に生かすか~

イベント内容

グローバルにIoT導入が本格化し、広島県も「ひろしま未来チャレンジビジョン」の実現に向けてAIやIoT等のIT技術活用推進により、業種や業態の壁を超えて商品やサービスを生み出し、新たな需要の創出をご支援いただいています。

このような周辺環境が整備されている一方で、IoT技術は生活や事業に十分生かし切れていない状況です。 今回、IoTを活用した事業開発を経験されている方をゲストに招き、普段は接する機会が少ない個々人・異業種の参加者間で現状・課題を共有。シリコンバレーで起こっているパラダイムシフトや企業のIoTを活用した地域課題解決への有効性、新規事業への発展性について考える機会とします。

開催日時・場所

日時

平成30年6月30日(土)13:30 ~ 17:00(13:00受付開始)

場所

イノベーション・ハブ・ひろしま Camps (広島市中区紙屋町1-4-3 エフケイビル1F)

開催内容

開催挨拶・趣旨説明(13:30~13:35 )

NPO法人HMCN

講演 (13:35~14:35)

ビジネス視点「IoTを活用した新規事業開発のポイント」

Mode, Inc. Japan Country Manager 上野 聡志氏

ニフティからシリコンバレーの富士通アメリカに出向してスタートアップへの投資や事業提携などの事業開発を経て、2017年9月にシリコンバレーのIoTスタートアップであるMODE, Incの日本代表に就任。

http://www.tinkermode.jp/

技術視点「IoT実現につながる技術開発の道程」

株式会社 神戸デジタル・ラボ 取締役 村岡 正和氏

次世代 WEB 技術である HTML5 に早くから着目し、近年はIoT や AI、ウェアラブルデバイスでの Web 技術の活用方法に着目。スマートグラスやマイコン等での HTML5 技術の応用を研究し普及活動を行っている。

https://www.kdl.co.jp/

休憩(14:35~14:45)

ワークショップ(14:45~16:00)

『IoT技術をどう生活や事業に生かすか』

① 各自で、個人や所属する企業としての課題とか悩み書き出し
② グループ内で共有
③ グループ毎に主要ポイント紹介

パネルディスカッション (16:00~16:30)

テーマ「IoTによって実現する未来/IoT実現における壁と乗り越えるポイント」

ワークショップで抽出された課題・悩みに対する解決のヒントも講演者からアドバイスいただきます。

パネラー:Mode.inc. 上野氏、神戸デジタル・ラボ 村岡氏、bitRiver 安藤氏
モデレーター: NPO法人HMCN 元木

名刺交換会(16:30~)

講演者、参加者同士の名刺交換、ネットワーキング

対象

  • オープンイノベーションに関心のある学生や社会人
  • IoTを知りたい方
  • IoTをこれから事業や生活に活用したい、もっと活用したい方

主催・協力

  • NPO法人 HMCN(Hiroshima Motion Control Network)
  • 協力 広島県

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/06/30(土)
13:30〜17:00
参加者
6人 / 定員40人
会場
camps
広島市中区紙屋町1-4-3

注目のポジション