TOP

第5回 CoderDojo東大阪

イベント内容

CoderDojoとは

子供たちのための非営利なプログラミングクラブです。

2011年にアイルランドから始まり、2016年7月には、63カ国で1096の Dojo が開かれました。 CoderDojo はオープンソースであり、全国各地のボランティアによって自主的に運営されています。 メンターは主に、普段プログラミングやHTMLのコーディングを仕事としているプロの方たちがししています。(written by CoderDojo Japan)

参加受付について

CoderDojo東大阪では、幅広い子どもたちにプログラムに触れてほしいため、基本は先着順にしていますが、希望される取り組みへの応募や、メンターのさんの状況に応じて参加可否を決めさせていただきます。希望される取り組みをやりたくても、メンターさんがいないことにより、サポートできない状況を避ける為です。ご理解いただきますようよろしくお願いします。

また、定員数を超えており、キャンセル待ちになってしまっても、メンターさんの状況によっては、定員数を増やすこともあります。

参加受付の際は、取り組みに参加される子どもの人数のみを入力してください。保護者の人数の入力は必要ありません。

時間割

  • 9:30 受付開始
  • 10:00 CoderDojo東大阪はじまり
  • 10:00 - 11:30 レッツプログラミングタイム!
  • 11:30 発表タイム
  • 12:00 終了 発表タイムでは、作ったものや学んだことを発表します。決して、完成している必要はありません。工夫したところや、難しかったところ、また、覚えたことなどを発表することで、自分への振り返りにもなり、また、他のみんなへの気付きにもなります。 メインはScratchを使って、プログラムします。 もし、他にやりたいプログラム言語がある場合は「言語プログラミングで参加」の上、やりたい言語を下記メールアドレスよりご連絡ください。

持っていくもの

  • ノートパソコン(Mac/Windows/Linux何でも可)

事前準備するもの

Scratch Ver2.0 (Offline Editor)を、OSや環境に合わせて事前にインストールしておいてください。インストールには時間がかかるため、当日にインストールしていると、プログラミングタイムが少なくなってしまいます。

会場にはインターネット設備がございません。上記、事前準備をされた上でのご参加をお願いします。もし、インストールに不明点等ありましたら、下記メールアドレスから、ご連絡ください。

守ってほしいこと!

  • Dojoを開催する施設では、他の利用者もいるため、大声で叫んだり、暴れたりすることはおやめください。
  • 途中、保護者が抜けることがあっても、最初と最後にはいてください。抜ける場合は、連絡先をお伺いさせていただきます。

不明点があれば

coderdojo.higashiosaka@gmail.comまで、ご連絡ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/22(日)
09:30〜11:30
参加者
定員15人
会場
ライティホール(大阪府立図書館ホール)小会議室
東大阪市荒本北1-2-1

注目のポジション