TOP

イベント内容

概要

日常的にRuby on Railsを利用するエンジニアを対象にした、kubernetesとりあえず動かせた!だがしかし設定や概念など分からないし、このままでは実践では利用できない!を解消するためのワークショップです。参加者各自が、Pod/Service/Deploymentなどの概念を理解し、Rolling UpdateやBlue Green Updateの設定手順を覚え、率直な感想を共有できればと思います。

プログラミングのスキルは問いませんが、前回の資料をもとに、Mastodonを動かすところまで進めておくとよいかもしれません。なお、事前に「入門 Kubernetes」をざっと読んでおくと、本ワークショップがさらに実践に踏み込むにあたっての復習となって良いかと思います。

当日は、開発するためのノートパソコン・GCPのアカウントをご持参ください。

ワークショップ講師

うなすけさん(株式会社バンク エンジニア)

Railsを書き始めてから今年で4年目のインフラ寄りサーバーサイドエンジニア。最近はGCPでk8sな仕事をしている。好きなgemはtori。

タイムスケジュール

時間 内容
10:30〜 受付開始
11:00〜11:15 自己紹介
11:15〜13:00 ワークショップ(前編)
13:00〜14:00 ランチ休憩(ランチは希望者で外食※参加自由)
14:00〜17:15 ワークショップ(後編)
17:15〜18:00 振り返り(KPT)

持ち物

  • 開発に利用するノートパソコン(充電アダプタ等)
  • GitHubアカウント(必須)
  • GCPアカウント(必須)

WiFiは会場にて用意いたします。

リポジトリ

https://github.com/localhost9292/kubernetes.rb

参加費

無料

Repro様ご提供の会場に関するご案内

  • WiFiあります。
  • イベントスペースで淹れたてコーヒーが飲めるマシンがあります。自由に飲んで頂いて結構です。
  • 飲食可能です。フロアに自販機はありませんが、建物1Fにコンビニやマクドナルドがあります。
  • 電源あります。足りない場合は延長ケーブルお出しするのでお声がけください。
  • ディスプレイ欲しい人が居たら、オフィススペースから貸出することも可能です。お声がけください。
  • 書籍もぼちぼちありますので、こんな本ありますか?とお声がけください。イベントスペース内であればお貸しできます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。