TOP

Call for Code Day in Tokyo

イベント内容

概要

自然災害への全世界の取組みであるCall for Codeへみんなでチャレンジする一日です!
Call for Code 2018への参加に関し、役に立つ情報をテーマ講演やハンズオンワークショップと共にお届けします!
福岡と東京とで同時中継で繋ぎながら開催いたします!

Call for Codeとは

2018年のCode for Codeチャレンジは、自然災害を打ち破り、地域社会や世界各地の災害準備状況を大幅に改善するソリューションを構築するためのコンペティションです。
自然災害を防ぐこと、自然災害に対応すること、そして自然災害から回復すること。これらは現代において、最も急を要する社会問題の1つです。 このイニシアチブは、スタートアップ、学術機関、および企業のデベロッパーが一堂に会し、この問題を解決しようという、最も規模が大きく、最も大望のある取り組みです。
https://developer.ibm.com/jp/callforcode/
https://www.slideshare.net/ayatokura/call-for-code-2018-107393210
https://speakerdeck.com/taijihagino/call-for-codehecan-jia-surutamefalseshou-shun

進行

時間 内容
14:00-14:05​ オープニング「Call for Code Day in Tokyo」
日本アイ・ビー・エム株式会社
デジタルビジネスグループ
デベロッパー・アドボカシー事業部長
大西彰
14:05-14:35 【特別公演】自然災害に強いまちづくりのために必要なこと
福岡市 企画調整部 特区担当部長
藤本 広一様
14:40-15:30 スペシャルセッション「The Weather Companyが持つ気象予測技術と、髪のうねり指数や蚊の活動など人々の生活に役立つ意外なデータについて」
・気象データのビジネス活用事例
・世界中で増加傾向にある極端気象の動向について
日本アイ・ビー・エム株式会社
ザ・ウェザーカンパニー
気象予報士
15:30-15:40 休憩
15:40-17:10 Workshop「Call for Code参加登録から開発の勘どころ」
・Call for Codeへの登録
・IBM Cloudアカウントの作成
・The Weather Company APIキー取得方法
・The Weather Company APIの実行
・IBM Cloud活用
日本アイ・ビー・エム株式会社
デジタルビジネスグループ
デベロッパー・アドボカシー事業部
Developer Advocate 戸倉彩
17:10-17:20​ Q&A
17:20-17:30 クロージング & 写真撮影​
17:30-17:50​ 撤収時間

お願い

  • 当日は入館手続きが必要となるため、お名刺を2枚ご用意ください。
  • ハンズオンを実施するので開発可能なPCを持参してください。
  • 事前にCall for Code サイト(https://developer.ibm.com/jp/cfc-resources-financial-networks/) より2つのご登録をお願いします。(登録が完了できなかった場合には当日サポートさせていただきます)
    (1)「お申し込みはこちらから」よりCall for Codeへの参加登録を行なってください。
    ※日本語の手順解説書はこちらです (https://ibm.biz/c4cregistration)
    (2)「IBM Cloudアカウントの作成」よりIBM Cloudライトアカウントの作成を行なってください。
    ※すでにIBM Cloudアカウントをお持ちの方は、そちらをご持参いただいても構いません。

ライブ配信

当日、セッションのライブ配信をいたします。URLはこちらです。 https://www.ustream.tv/channel/SFCNqq9vPX4

担当

IBM Digital Business Group
Developer Advocate 戸倉彩(とくらあや)
aya.tokura@ibm.com
@ayatokura

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/08/31(金)
14:00〜17:50
参加者
59人 / 定員215人
会場
日本アイ・ビー・エム(株)本社
東京都中央区日本橋箱崎町19-21

注目のポジション