ARコンテンツ作成勉強会:VuforiaでつくるスマホAR+VRアプリ

イベント内容

開催概要

今日では様々なメディアでAR/VRといったキーワードを見聞きするようになり、エンターテイメントやビジネスの分野ではAR/VRに関連したゲームやアプリ、デバイス等の登場もあって、AR/VRは私たちにとって身近な技術と言えるようになりました。

さらに、AR/VRコンテンツの作成を支援するツールやサービスの充実は、高度な数学や物理の知識がなくても一定水準のコンテンツを生み出すことを可能にしています。

今回は、Unity Asset Storeで公開されているPTC公式テンプレート「Vuforia AR+VR Sample」を活用。ARエンジンとして定評のあるVuforiaを使い、AR空間とVR空間の両方を体験できるスマホアプリの作成についてハンズオン形式で学びます。

作成するコンテンツ

YouTubeで確認する

ARtoVR
ARtoVR
ARtoVR

対象者

  • 学校や職場、独学などでプログラミングの基礎(変数や定数、配列、関数、条件分岐、反復(ループ)など)を学んだことがある人
  • AR/VRに興味がある人

必要なもの

  • Android端末をお使いの方
    1. PC (Windows 7以降 または macOS 10.12以降)
    2. Android SDK (最新バージョン)
    3. Android端末
    4. PCとAndroid端末を接続するケーブル
  • iPhone端末をお使いの方
    1. PC (macOS 10.12以降)
    2. Xcode (最新バージョン)
    3. iPhone端末 (iOS 11以降)
    4. PCとiPhone端末を接続するケーブル
  • Unity (バージョンは後日連絡)
  • Webカメラ (USB接続タイプ推奨、なければPC内蔵タイプでも可)

その他

※希望者には下記機材の貸出が可能です
- Android端末 (6台まで)
- Webカメラ (USB接続タイプを4台まで)

※開催3日前を目処に下記の連絡をいたします
- Unityのバージョン
- 事前準備のご案内

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント