[読書会]第2回 計算理論の基礎 [原著第2版]

イベント内容

計算理論の基礎(著者: Michael Sipser)の読書会を行います。

https://www.amazon.co.jp/dp/4320122070

本書は翻訳書であり、全3冊です。

目標

計算機科学(computer science)を学ぶことで、量子コンピューターの理解を深めたいと考えています。 計算理論はTheory of computationと呼ばれ、アルゴリズムを理論的にあつかう学問です。

目標は計算複雑性理論(computational complexity theory)を理解することです。 いわゆるP対NP問題はこの分野の問題として有名です。

進め方

ホワイトボードを使って議論します。演習問題が多いので、参加者で順番に解いていこうと思います。 ノートを公開しているので、前回解いた問題まで学習して頂けるとありがたいです。予習に関しては不要です。

ノート:https://github.com/ThomsonKernel/theory_of_computation/raw/master/computation.pdf

予定

まずは0章を読了しましょう。 余裕があれば1章正規言語に入ります。

レベル感

初心者ばかりなので気楽にご参加頂ければと思います。 これを機に学びたいという方も歓迎します。

主催

大阪分散技術コミュニティー(DTC)

https://sites.google.com/view/osaka-dtc

場所

JR海老江駅、阪神電車野田阪神駅、地下鉄千日前線野田阪神駅、から徒歩5分

JR野田駅は最寄り駅ではないので注意。

キーワード

計算理論 計算機科学 計算複雑性理論 チャーチ-チューリングのテーゼ computer science P対NP問題

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。