【特別対談】プログラミング教育必修化で、エンジニアってどうなるの?

イベント内容

イベント申込方法

イベント概要

2020年から全ての小学校で必修化されるプログラミング教育。

その新たな教育システムにより、未来のエンジニアのあり方、働き方、キャリアはどうなっていくのかを

プログラミング教育の第一人者である利根川氏に赤裸々に語っていただきます。

パネラーの利根川氏は、自身もエンジニアとして、ラクスル㈱を共同創業者として立ち上げ、技術責任者を務めた後、

NPO法人「みんなのコード」を立ち上げ、文科省のプログラミング教育に関する有識者会議の委員も務める

まさにプログラミング教育の第一人者。

そんな利根川氏だからこその視点、想いを、サポーターズ代表との対談という形式で、語っていただきます。

こんな話をします

・なんで急成長中のラクスルを辞めてNPOしてるの?

・プログラミング教育ってそもそも何をやるの?何が目的なの?

・プログラミング教育が進むと何が起こるの?社会はどうなるの?

・プログラミング教育によって、エンジニアは増えるの?

・そもそもエンジニアという職業はどうなっていくの?国はどう思っているの?

・来たる未来に備えて、今の若手エンジニアがやっておくべきことは何?

そんな漠然とした疑問、不安を対談形式で解決していきます。

参加資格

  • 20代or2010年卒以下の社会人エンジニアの方

  • エンジニア職を目指す学生の方

  • 定員50名

こんな方にオススメ

  • プログラミング教育に興味がある

  • 未来のエンジニアのキャリアに興味がある

  • 自分自身のエンジニアとしてのキャリアに不安がある

当日の詳細

  • 日時 11月27日(火)19:30-21:30(開場19:15)

  • 場所 渋谷スクエアA(渋谷駅徒歩3分)

  • 参加費 無料

  • イベント内容:ガイダンス10分、対談80分、質疑応答30分(予定)

パネラープロフィール

利根川 裕太 氏

NPO法人みんなのコード 代表理事 

1985年 千葉県生まれ

2009年 ラクスル株式会社立ち上げから参画し、プログラミングを学び始める

2014年 Hour of Code のワークショップ開催

2015年 一般社団法人みんなのコード設立 (2017年より特定非営利活動法人化)

2016年 文部科学省「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員

2018年 内閣官房「教育再生実行会議技術革新ワーキンググループ」委員

サポーターズCoLabについて

CoLab(コラボ)は、仲間と共に(Co)、楽しみながら成長できる研究室(Lab)のような存在を目指しています。

若手エンジニア向けの技術勉強会やミートアップをオリジナルコンテンツでほぼ毎日開催しており、

同世代エンジニアの仕事、スキル、キャリア、悩みを知り、交流することで仲間を増やすことができます。

(勉強会の講師は、サポーターズCoLabユーザーの有志が務めています)

そんな仲間たちと、新たな技術を学ぶ、もの創りを始める、新しいチームにジョインする。

様々な形で、キャリアを考え、動き出すきっかけを提供していきます。

※connpassのシステム協力のもと、キャリア支援会社サポーターズが運営しています。

※就活生向け:交通費がもらえる日本唯一の就活サービス「サポーターズ

開催予定のイベント

スペシャルイベント

勉強会

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント