いま押さえておくべきJavaScriptの最新機能とは?

イベント内容

概要

1月25日発売された好評既刊『JavaScriptコードレシピ集』(技術評論社)を題材にイベントを開催します。

執筆者のICS池田・鹿野が、2019年の今見直しておきたいJavaScriptの最新機能を解説するセミナーを実施。書籍の購入有無によらず、JavaScriptを学びたいウェブデザイナーやフロントエンドエンジニアの方はどなたでもご参加できます。

セミナー内容

「古いコードは平成に置いていこう。いま押さえておくべきJavaScriptの最新機能とは?」

JavaScriptを習得するからには、一度覚えた書き方を何年も使いたいというのが本音ではないでしょうか?

JavaScriptはECMAScript(以下、ES)の仕様を元にしています。2015年に登場したES2015により、JavaScriptでモダンなプログラムの書き方ができるようになりました。ES2016、ES2017、ES2018と次々と新しい追加仕様が策定されています。

フロントエンドエンジニアの技術は移り変わりが早いといわれていますが、ECMAScriptに根ざしたJavaScriptの書き方はすぐには廃れません。JavaScriptコードレシピ集では、ES2015〜ES2018の文法をベースに現場で利用可能なJavaScriptの最新テクニックを網羅的に学べます。

本セミナーでは、2019年の今見直しておきたいJavaScriptの最新機能と、現場で今すぐ使えるオススメテクニックを紹介します。

タイムスケジュール

18:30~ 開場

19:00〜20:00 セミナー

20:00〜20:30 質疑応答、サイン会  ※サインをご希望の方は、書籍をご持参ください。

登壇者

  • 池田 泰延(株式会社ICS 代表)
  • 鹿野 壮 (株式会社ICS インタラクションデザイナー)

日時・会場

  • 日時 2019年4月2日(火)19:00~20:30(開場18:30)
  • 会場 書泉ブックタワー9Fイベントスペース

関連

『JavaScriptコードレシピ集』

https://gihyo.jp/book/2019/978-4-297-10368-2

その他

■注意事項

  • 遅れますとイベントにご参加できないことがあります。
  • 当日は、来場者を含む会場の様子等の動画、写真を撮影し、公開する場合があります。
  • 悪天候等により、運営事務局の判断にてイベントを中止する場合があります。
  • 貴重品の管理は各自でお願いいたします。万一盗難・紛失等の事故が発生しても、主催者は一切責任を負えません。
  • 「参加者」の方へ

会場の混雑が予想されますため、着席はお申し込み順ではなく、ご来場順となります。

18:50をもって空席は「補欠者」の方に開放いたします。18:50までにご来場ください。

  • 「補欠者」の方へ

立見席の空きがある限り、ご来場順にご入場いただけます。

立見席のご入場は18:50開始を予定しています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント