IT企業が展示会で効果を出す方法

OSS

イベント内容

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご来場ありがとうございました。

当セミナーの資料の公開予定はございません。ご了承くださいませ。

(10月の東京ビッグサイト「日経 xTECH EXPO」、幕張「Japan IT Week 秋」共同出展説明会)

今回20名の募集ですが、connpassでは若干名を募集します。

展示会は効果が出ない・・・

IT企業にとって、多くの新規顧客に自社の商品・サービスをアピールできる「展示会」は、魅力的なマーケティング手法の1つです。

例えば、10月の東京ビッグサイト「日経 xTECH EXPO」、幕張「Japan IT Week 秋」は、10万人近くが来場するので、IT企業にとっては来年度の新規見込客を獲得するための絶好の機会となります。

一方、「展示会は効果が出ない」と言われることも多いのが実情です。

なぜでしょうか?

出展費用が高額

最も大きな理由は、「費用対効果」の「費用」の部分です。

展示会への出展は大きな出費になります。

展示会に出展すれば、もちろん多くの新規見込客との出会いがあるので、効果は出るのですが、かかった費用と比較してどうかという「費用対効果」で見た時に問題になります。

どうやったら効果がでるのか?

本セミナーでは、2つの観点から解説します。

1つは、「どうしたらより効果が出るか=受注につながるか」です。

もう1つは、「どうしたらコストを抑えて出展できるか」です。

共同出展説明会

「どうしたらコストを抑えて出展できるか」については、「共同出展」という方法をご紹介します。

少額の出展費用を複数の企業が持ち寄り、共同でメインストリートに大きなブースを出展するという作戦です。

弊社では毎年共同出展ブースを企画、運営しており、今年も行います。

IT企業の方は、この説明会に出席されることを強くお勧めします。

プログラム

18:30 ~19:00 受付

19:00~20:00  IT企業が展示会で効果を出す方法(質疑応答含む)

20:00~20:30 共同出展説明会

主催

マジセミ株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社

マジセミ

※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント