UX道場 Meetup 04「受託Web制作の改革体験!共同作業でデザインをすばやくブラシュアップ」

イベント内容

イベント概要

対象

  • チームとしての働き方を改善するキッカケが欲しい受託Web制作会社のディレクター/デザイナー
  • 短時間でデザインのクオリティをあげる手法に興味がある受託Web制作会社のディレクター/デザイナー

テーマ

Web制作においては分業制が一般的ですが、チームが集まって一緒に形にする時間を持つことで、よりアイデアを洗練させ、同時にチーム内の意思疎通を図ることが可能です。その際に重要になるのは、全員が貢献できて短時間で確実に良いアウトプットに繋がる手法を用いて共同作業を行うことです。

今回のUX道場では、デザインスプリントから着想を得て開発された、アイデアを手軽にブラシュアップできるフレームワークである「コラボレーティブデザインスプリント」を2時間半のワークショップとして体験することができます。

体験ワークショップ

「作って壊すを繰り返すことで、 アイデアをブラッシュアップできる」「チームで多様な視点を持って 取り組むとアイデアが良くなる」

この2つを体験してもらうワークショップです。

川田 学 | サービスデザイナー | メンバーズ

ワークの内容

前提の確認

ペルソナやカスタマージャーニーマップ(AS-IS)でデザインの前提を確認します。

コンセプト ver.1.0のデザイン

壊す前提で素早くコンセプトをデザインします。

体験プロトタイプ ver.1.0のデザイン

壊す前提で素早くシナリオとプロダクトという2つの手法と視点で体験のプロトタイプをデザインします。

コラボレーティブデザイン1(体験プロトタイプver.1.5のデザイン)

シナリオとプロダクトという横の関係の2つの視点をいったりきたりしながら、チームで良い体験デザインとなるようにコラボレーションします。

コラボレーティブデザイン2(コンセプトver.1.5のデザイン)

コンセプトと体験プロトタイプという縦の関係性の中で、チームで良いコンセプトとなるようにコラボレーションします。

コラボレーティブデザイン3(コンセプト、プロトタイプver.2.0のデザイン)

さらに縦と横の関係性を自在に行ったり来たりしながら、チームでさらにデザインのクオリティをあげていきます。

受付

18:30から受付開始します。受付で受講票を提示してください。

19時以降の来場方法

19時以降はビルの正面玄関シャッターが降りてしまうため、裏口(セブンイレブン横の入り口)に回ってお入りください。入り方が分からない場合は、Twitterで #uxdojo でツイートするか、運営者(轟 @keisuke322)にDMしてください。

スタッフ枠

受付、物品の配布や回収など、イベントのサポートをしてくれる方を募集します。
当日18時に現地集合となります。

なお、イベント本編よりもスタッフ業務が優先となることをあらかじめご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント