JavaScriptでプログラミングできる「obniz」でIoT入門

イベント内容

開催概要

  • 日時  : 2019年9月15日(日) 14:00〜17:00
  • 場所  : ギークオフィス恵比寿 (東京都渋谷区恵比寿4-7-6 KTビル3F)
  • 参加費 : obniz貸し出し枠 3,000円、 obniz持ち込み枠 2,000円 (当日現金でお支払いください、お釣りの必要のないようにお願いします)
  • 持ち物:ノートPC

新ライセンス版obniz Boardの販売

ハンズオン当日、会場で新ライセンス版obnizを販売します。

obnizの製造販売元であるCambrianRobotics社から、8月30日に新ライセンス版obniz Boardの発表がありました。 https://blog.obniz.io/ja/news/newproduct-obniz-hobby-license-90-days/

現行のobniz Boardとの主な違いは、

  • 価格の引き下げ(税込価格 5,980 → 4,860円)
  • 付属するライセンスの変更(Basic → Hobby 90日+Hobby Lite)

です。

CambrianRobotics様に協賛いただき、税込価格4,860円のところを4,500円で販売していただきます。購入希望の方は参加枠で「obniz持ち込み or 購入枠」を選択し、申し込み時のアンケートで「購入する」を選択してください。

購入を希望される場合は、

  • ハンズオンの参加費 2,000円
  • obniz購入費 4,500円

の合計6,500円をご用意ください。

対象者

ソフトウェアエンジニアがIoTに入門するためのハンズオンです。参加に必要なスキルは、

  • 何らかのプログラミング言語を使ったことがある
  • エディタでプログラムの編集ができる

です。

ハンズオンではプログラムの記述にJavaScript, HTMLを使いますが、 これらの利用経験がなくてもハンズオン内で基本事項を説明いたしますので十分御理解いただけます。

ハンズオンの内容

JavaScriptでプログラミングできるIoTボードobnizを使って、下記の回路を組み立てながら実習を進めます。IoTの基本であるデジタル入力・出力、アナログ入力、PWM、I2C、クラウド接続を体験できます。

  • Lチカ - デジタル出力
  • ボタン入力 - デジタル入力
  • ボリューム - アナログ入力
  • LEDの明るさを変える - PWM
  • サーボモーターを動かす - PWM
  • 温度・湿度を測定 - I2Cセンサー
  • 温度・湿度データを送信してグラフ化 - Cloud連携

ハンズオンに必要な電子部品は主催者から貸し出します。主な部品は下記のとおりです。詳細はこちらを参照してください。

  • 単色LED
  • フルカラーLED
  • 8連LEDバー (WS2812Bで色制御)
  • 半固定抵抗
  • スイッチ
  • サーボモーター SG92R
  • 温度・湿度センサー - SHT31
  • ブレッドボード
  • ジャンパーケーブル
  • obniz給電用USBケーブル(micro<->標準)
    [注:標準サイズUSB以外の端子(例えばtype-c)が付いたPCをお使いの方は、標準サイズへのアダプタを持参してください。モバイルバッテリーやUSB電源アダプタの使用も可能です。]

もくもくタイム用に下記部品も用意します。数に限りがあるため参加者で譲り合ってご利用いただきます。部品の詳細はこちらを参照してください。

  • 赤外線リモコン実験機材(赤外線受信センサー、赤外線送信LED、リモコンで操作する機器)
  • 4桁7セグメントLED
  • DCモーター
  • ソレノイド
  • 焦電人感センサー
  • 圧力センサー
  • BME280 温度、湿度、気圧センサー
  • 距離センサー
  • カラーセンサー
  • JPEGカメラ

タイムテーブル

時間 内容
13:30-14:00 受付
14:00-14:15 イントロダクション(講義)
IoTの概要と、このハンズオンがカバーする範囲について説明します。
14:15-16:30 ハンズオン(実習)
7つの例題の回路を順番に組み、プログラムの動作を確認します。プログラムの理解に必要なJavaScrip、HTMLの解説も行います。
16:30-16:50 もくもくタイム
ハンズオンのプログラムを改造したり、主催者側が用意する他の電子部品を動かしてみる時間です。サンプルプログラムの提供を行います。
16:50-17:00 関連トピックス(講義)
時間の許す範囲で下記のような話題に触れます。
・obnizでブロックプログラミング
・obnizOSをESP32ボードで動かす
・最近話題のIoTボード(M5Stack, micro:bitなど)
など

事前準備

obniz持ち込み枠の方は、事前に下記を行なっておいてください。

  • obnizクラウドへのユーザ登録
  • ファームウェアの最新版へのアップデート(手順はこちらを参照してください)

注意事項

  • 会場まではJR恵比寿駅東口から徒歩5分ですが少し迷いやすいです。
  • 写真による会場までの道順を参照して気をつけてお越しください。
  • 建物の外観

建物の外観

  • 飲み物など必要であればご持参ください。
  • 会場到着されたら、扉に向かって右側にある呼び鈴を鳴らしてください。

参考:IoT-Gym主催の他のハンズオン

「obnizでIoT入門」以外にも、下記のハンズオンを開催しています。開催予定はConnpassのIoT-Gymグループに掲載しています。

  • IoTハンズオン基礎編:LチカからCloud連携まで
  • IoTハンズオン応用編:赤外線リモコンの受信、送信、外出先から操作

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

SORACOM UG Explorer 2019

東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F TECH PLAY SHIBUYA

11:00 〜18:00

11月 23 SAT