【初心者歓迎】iPhoneアプリ開発講座2Dayスクール(Swift5):2日目12月1日開催

イベント内容

iPhoneアプリを作ってみたい、すべての初心者が、体験しながら学べる2Dayスクールです!

※本講座は、Xcode と Swift言語 を使って iPhoneアプリ開発を学習します。
※本講座は、11月30日(土)、12月1日(日)で開催します。2日間・1日だけの申込みも可能です。
※このページは、2 日目のお申し込みページです。
参加お申し込みは、こちらで受付しています

※本講座は、Xcode と Swift言語 を使って iPhoneアプリ開発を学習します。

まずは体験してみて、その経験を生かして学んでいくハンズオン形式の講座です(^^)。

難しいプログラミング文法の説明は最小限にまとめ、多くのサンプルアプリの開発を体験してもらうことで、最短距離でアプリ開発の「勘所」がつかめます。

このセミナーの特徴は、初心者の方が独学で学習して数ヶ月かかることを数日で習得してもらうことです。
学習において、もっとも時間のかかる入門から初級スキルまでの学習時間を劇的に短縮することができます。

この講座で、あなたは使う人から「作る人」に変わる!

  • アプリを作っていけるという自信とキッカケを得られる。
  • 短期間で次のステップへチャンレジできるようになる。
  • 自分でアプリを作っていくための底力が養える。

こんな方にオススメの講座です!

  • プログラムを書いたことはないけれど、iPhone/iPad アプリを作ってみたい方。
  • iPhone アプリをよく利用していて、自分でも作ってみたいと思った方。
  • 中高生、大学生で iPhone アプリ開発を学んでみたい方。
  • シルバー世代や中高年の方で再学習を実施したい方。
  • 企業で入社前研修や企業導入研修での教材を検討している方。

そんな iPhone アプリを作ってみたい、すべての初心者の方が対象です。

本スクールの採用書籍

たった2日でマスターするiPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 11 Swift 5 対応


たった2日でマスターするiPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 11 Swift 5対応

たった 2 日でマスターできる iPhone アプリ開発集中講座 Xcode 11・Swift 5(2019年10月出版) を教材として、ハンズオン形式で開催いたします。

この書籍は、「 iPhone アプリを作ってみたい、すべての初心者が、体験しながら学べる入門書」です。

セミナー講師陣が執筆した書籍

本書では、アプリを作り・動かすという成功体験を書籍内で繰り返し、その都度必要な Swift 文法を「体で」覚えるというスタイルです。これから iPhone アプリを開発される方のために、セミナー講師陣が思いを込めて執筆しています。

書籍の購入について

書籍は、当日に購入することもできます。書籍代は、2,480円+税金 となります。

購入希望の方は、セミナー申込時のアンケートでご回答して頂くか、直接に 問い合わせフォーム よりご連絡ください。

本講座は、次の環境のご準備をお願いします(^^)。

  • macOS Mojave または、macOS Catalina
  • Xcode 11.0 以上
  • iOS 13.0 以上

OS や Xcode のインストールやアップデートには時間がかかりますので、自宅で必ず作業を行ってきてください。

まだ、書籍を購入されていない方は、公式サポートサイトの「本書の試し読み(立ち読み)」 にて、書籍の一部が無料公開されています。無料公開の「1日目 Lesson 2 アプリ開発の環境を整えて、Xcodeの使い方を学ぼう」をご参照して頂き Xcode 等のインストールを行ってください。

Xcode の簡単な操作説明は、本セミナーの導入講座(60分)で行います

iPhoneアプリ開発講座スクールの流れ 2 日目

※ ご質問は、各講座の最後と休憩時間で行います。

9:00-9:30 受付開始(30分)

9:30-9:40 ハンズオンセミナーの説明と講師紹介(10分)

会場のご案内。
受講に集中できるように、諸注意や受講の進行を説明します。また、担当講師の紹介も行います。
参加者の方同士でアイスブレイク(会話する時間)も数分設けますので、名刺のご準備をお願いします。

9:30-10:30 「2日目 Lesson1 タイマーアプリを作ろう 〜前半〜」(60分)

10:50-11:50 「2日目 Lesson1 タイマーアプリを作ろう 〜後半〜」(60分)

タイマー画面と設定画面の2つの画面がある、タイマーアプリを作ります。

ここでは、画面遷移の方法を学びます。タイマー画面で秒数のカウントダウンを行い、設定画面でタイマーの秒数を選ぶことができます。

12:10-13:10 「2日目 Lesson2 SNS投稿ができるカメラアプリを作ろう 〜前半〜」(60分)

カメラで撮影してSNSに投稿できるアプリを作ります。

カメラを利用することができる「UIImagePickerController」と、カメラロールに保存したりSNS投稿ができる「UIActivityViewController」を利用して、カメラアプリを開発していきます。画面のレイアウトを設定するAutoLayoutの機能や、UIパーツとプログラムを関連付けする方法も学んでいきましょう。

13:10-14:10 (昼食、休憩)

14:10-15:40 「2日目 Lesson3 SNS投稿ができるカメラアプリを作ろう 〜後半〜」(90分)

前半で作ったカメラアプリにエフェクトフィルターを追加します。

カメラアプリには、エフェクト機能が定番機能になっていることが多いです。エフェクト機能を利用できる「Core Image」を利用して開発していきます。また、画面遷移を実現する「Segue」の応用として、画面遷移するときに情報を渡すことを学びます。

16:00-17:00 「2日目 Lesson4 お菓子検索アプリを作ろう 〜前半〜」(60分)

17:20-18:20 「2日目 Lesson4 お菓子検索アプリを作ろう 〜後半〜」(60分)

お菓子のキーワードを入力すると、お菓子のサイトからデータを取得して一覧できるアプリを作ります。

ネットからお菓子の情報を「JSON」形式で取得し、iPhoneに表示してみましょう。ここでは、インターネットのデータを有効活用するために、WebAPIとJSONについて学んでいきます。そして、取得したデータをTable Viewを使って、リストで表示します。

18:30-19:00 質疑応答

ご質問や疑問に思うことがあれば、ご相談ください。

講師紹介

藤 治仁(ふじ はるひと)

組み込み機器ファームウェア開発に従事。趣味でiOS アプリ開発を行い、AppStore でアプリをリリースする。

Facebook:https://www.facebook.com/haruhito.fuji
Twitter:https://twitter.com/From_F

[おもな開発アプリ、Web サイト]
● AirRecipe、AirHDR、AirT-Lapse、AirHanabi
● GitHub : https://github.com/FromF/

小林 加奈子(こばやし かなこ)

中学生&高校生のためのプログラミング・IT キャンプ「Life is Tech ! 」を運営するライフイズテック株式会社でエンジニアとして従事。また、2011 年から、TickleCode という屋号で、システム開発やIT イベントの開催、セミナーの講師を行っている。自社でもテニス関連のサービスやアプリを開発している。

Facebook:https://www.facebook.com/taichi.kanako
Twitter:https://twitter.com/mustacheyork

[おもな開発アプリ、Web サイト]
● TennisFull : https://tennisfull.com/

小林 由憲(こばやし よしのり)

16 年間、基幹業務(会計、販売、生産)管理システムのエンジニアとして従事。2011 年からTickleCode という屋号でJavaScript(Vue.js・React)、WordPress 等での Web サイト制作、Web サービス開発を行う。Swift ビギナーズ倶楽部など、多数の勉強会・セミナーの開催を行ってきた。

Facebook:https://www.facebook.com/Yoshinori.Koba
Twitter:https://twitter.com/yoshiii514

[おもな開発アプリ、Web サイト]
● TickleCode:http://ticklecode.com/

◆スクールは 2 日間開催します!

1 日目、2 日目と申し込みページ 2 つありますのでご注意ください。

iPhoneアプリ開発講座 2 Dayスクール:1 日目 11 月 30 日開催分の申し込みページ

iPhoneアプリ開発講座 2 Dayスクール:2 日目 12 月 1 日開催分の申し込みページ

◆よくある質問と回答

Q.銀行振込で決済はできますか?

A.はい、対応できます。
銀行振込で決済を希望される方は、事務局メール:info@ticklecode.com にご連絡ください。請求書を発行後に、振込をお願いします。振込手数料はご負担願います。

Q.領収書は発行できますか?

A.発行できます。
事前決済の方は、電子版の領収書が発行可能です。
領収書(紙ベース)が必要な方は、申込時に宛名をご入力頂ければ、当日に領収書をお渡しします。

Q.経費精算のため、事前に見積書が必要です。発行できますか?

A.発行できます。
見積書の発行依頼と記載する宛名を、事務局メール:info@ticklecode.com へご連絡ください。その際に、電子送付可・郵送希望も教えてください。見積書は発行元が「合同会社 TickleCode」という社名になります。

スクールの開催場所

渋谷駅付近です。 会場の詳細は後日にご連絡いたします。

会場設備

Wifiや電源は完備しています。 飲食は持ち込みが可能です。

◆申込み方法について

申込みについては、こちらのページで受付しています。

お問い合わせ

セミナーについてのご質問は運営事務局までご連絡ください。

運営事務局
合同会社TickleCode
担当:小林 由憲(こばやし よしのり)
Webサイト:https://ticklecode.com/
Mail:info@ticklecode.com

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント