GraalVM for Scala ワークショップ by Oracle & セプテーニ・オリジナル

イベント内容

概要

Oracle LabsのGraalVM Team Head of EngineeringのDr. Thomas Wuerthinger氏が来日することになり、Graal VM for Scalaのイベントを開催することになりました。コンテンツとして、Thomas氏のセッションのほか、GraalVMを触ってみるワークショップを開催します。

GraalVM初体験の方から、GraalVMの開発者と話したい方のご参加まで、お待ちしています。

Thomas Wuerthinger氏のプロフィール

Thomas Wuerthinger is researcher at Oracle Labs Switzerland. His research interests include Virtual Machines, Feedback-directed Runtime Optimizations, and Static Program Analysis. His current focus is the Graal project that aims at developing a new dynamic compiler for Java. Additionally, he is the architect of the Truffle self-optimizing runtime system, which uses partial evaluation for automatically deriving high-performance compiled code from AST interpreters.

Thomas氏のセッションには通訳が付きますので、日本語でもお楽しみいただけます。またワークショップでも、ベストエフォートにはなりますが、通訳補助をする予定です。

タイムテーブル

時間 内容
13:30 ~ 開場
14:00~14:10 オープニング
14:10~15:10 Dr. Thomas さん講演
15:10~17:00 GraalVM for Scala Workshop
17:00~18:00 懇親会

場所

東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー27F

※1Fエントランスにて30F行きのエレベーターに乗り、
 30Fで各階行きエレベーターに乗り換えて、【27F】に降りてください。
 27F右手奥のカフェスペース (CAMPUS) が会場となります。

参加費は無料です。

持ち物

名刺、参加票(「受付番号」が分かるスマホやタブレット画面など)、ノートパソコン

連絡手段

不明点などございましたら下記いずれかの方法でご連絡ください

  • Twitterハッシュタグ #graalvm_scala
  • connpassのコメント欄

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント