G.P.R.S.(ゲームプログラミング勉強会)v0424

イベント内容

「Game Programming Reverse engineering Study group」⇒G.P.R.S.

概要

ゲームを題材にリバースエンジニアリングしながらコード書いてみませんか?

なにかプログラミングしたいけど、これといって作りたいものもない…という方にもおすすめです!

第三回テーマ

テーマは検討中です!

切捨て御免(戦国編) http://limia-branks.jp/tipanddice/blog.php?id=357

Domemo https://boku-boardgame.net/domemo

目的

  • 設計・実装手法の共有によるスキルアップ
  • 自分では思いつかない発想に触れる(集合知)

開催の背景

「このゲームはどんな実装になってるのだろう?」

学生の頃はハマっているゲームを模倣して、アレンジを加えたものを色々作ってました。 実際にやってみると、色んな気付きがありました。

気づき

  • 遊びながら作るので、飽きにくい
  • 完成系が明確である
  • ゲームの仕様分析・設計・実装への落とし込みの思考練習になる
  • 知らなかった言語機能を発見できる
  • 同じものを多言語実装する事で各言語の特色が見える
  • CPUの思考を分析する中で、ゲームの最善手が見えてくる

これを色んな意見を取り入れながら、改めてやってみたいなと思ったのが開催の背景です!

過去に実装してみたもの

Domemo https://qiita.com/aoi_erimiya/items/0504a04a02aaea18a8bd

Poker https://qiita.com/aoi_erimiya/items/efc6b2621603bfb658cb

参加費について

会としては不要です。

場所を提供してくださっているお店で 好きなものをワンドリンク頼んでいただければと思います。

持ち物

  • PC
  • Wi-Fiなどの通信デバイス

※直接実装しないなら、紙とペンでも可

テーマについて

テーマは主催者側でも選定しますが「これやってみたい!」があれば持ち込んで頂いてもOKです!

スケジュール

以下の流れで、約3時間を想定しています。

19:00 自己紹介

19:05 仕様検討会

19:50 休憩

20:00 制作タイム(約90分予定)

21:30 成果発表

21:40 次回に向けての振り返り

21:50 片づけ・解散

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント