やさしいDeFi #7 資金ロックと価値創造

イベント内容

やさしいDeFi #7 資金ロックと価値創造 (オンライン)

ZOOMを使ったオンラインイベントです。開演30分~5分前に、入室リンクをconnpassからメール送信いたします。

DeFiの成長を語る時、どこでも必ず使われる指標が TVL (Total Value Locked) です。TVLは簡単に言えば、「DeFiを利用するために、スマートコントラクトにデポジットされた資金の総額」 です。この指標は、DeFiにとってどんな役割を果たすのでしょうか?また、人々は具体的に何のためにdepositしているのでしょうか?

今回は、

  1. TVLは何を意味し、どう解釈するべきか
  2. 実際に資金をロックしているDeFi プロダクト

を学べる時間にします。

スピーカー

堀次泰介

Kyber Network. シンガポールのKyber Networkに加わる。分散型金融における流動性プロトコルの普及と採用促進に向け、DeFi Japan の活動を共催しています。

Kathleen Chu

Maker Foundation Japan Lead。米国金融通信会社ブルームバーグニュース東京支局にて15年以上の記者経験を経て、エストニア拠点ブロックチェーンスタートアップblockhiveに参画。2019年、Maker Foundationに参画。分散型ステーブルコインDaiおよびMakerプロトコルに関する日本での認知、啓発活動に取り組む。

三野泰佑

Swarm創業者。DeFiプロトコルを簡単に使えるGoyemonウォレットを開発。現在プライベートベータで運用中。2013年頃からブロックチェーンに携わり、スマートコントラクトの実装、DAICOモデルのシステム設計、Solidityのバグバウンティサービスの開発などを行う

うどん

リサーチャー。2015年頃からブロックチェーン に携わる。DMMとStirにてブロックチェーンのリサーチ業務に従事ののち、現在ニート。秘匿演算について研究するTuringumのCo-Founderでアドバイザー

やさしいDeFi

19:00~ 19:05

今日のイベントについての簡単な説明&挨拶 by hory

19:05~19:35

『DeFiにおけるTVLとその解釈』 by hory

DeFiに関する情報を集めると、必ず目にする指標TVL。そのTVLの意味、メディアの取り上げ方、懐疑的な意見、どう解釈すべきか……?まで、今後を考えるヒントを提供します。

19:35~19:50

『DAI statsの読み方』by Kathleen

イーサリアムのDeFiにおいて、圧倒的に多額の資金ロックを行っているのがMakerDAO。その数字の読み方と意味を、DAI statsを見ながら学びましょう。

19:50~20:05

『Pool Together』 by 三野泰佑

Pool Togetherは、Compoundを利用したユニークなプロダクトです。Compoundへユーザー資金を預け入れ、「ハズレのない宝くじ」を提供しています。資金ロックによる価値創造の一例を学びましょう。

20:05~20:15

Q&A

やさしくないDeFi

20:15~21:00

『AMM (Auto Market Make) の進化と分析』 by うどん

DeFiにおけるマーケットメイク(≒流動性提供)も、ユーザー資金をロックして行う方式が主流です。Uniswapを代表とするこの流動性提供方法は、AMMと呼ばれます。ユーザーの資金ロックによりDeFiに効果的な流動性を提供する仕組みを学びましょう。こちらは やさしくないDeFi です!

About やさしいDeFi

パブリック・ブロックチェーンを利用した分散型金融(Decentralized Finance, DeFi)は、現在世界中で注目されています。そこで、DeFi Japanのコミュニティ活動の一環としてミートアップ 『やさしいDeFi』 を毎月開催しています。これにより、DeFiに興味がある方に分散型金融の学びと最新情報を提供し、さらにコミュニティ間で継続的に情報交換ができる場所を作り出すことを狙いとしています。

注意事項:

やさしい DeFiミートアップは、純粋に学ぶことを目的としています。

投資アドバイスは提供していません。

DeFiプロトコルの仕組みを共有することもありますが、主に教育目的で使用されます。製品やプロジェクトの宣伝の意図はありません。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント