さくらの夕べオンライン 小学校プログラミング教育ナイト

イベント内容

さくらの夕べオンライン 小学校プログラミング教育ナイト

概要

さくらインターネットのイベント「さくらの夕べ」、今回のテーマは小学校プログラミング教育です! 今年度から始まったプログラミング教育について理解を深め、企業だからこそできる貢献を、皆さまと考える機会にしたいと思っています。

「プログラミング教育」というと、皆さんは授業にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

  • 大人顔負けにプログラミング言語を使いこなせるようにすること?
  • ロボットを動かすこと?
  • プログラミングという科目ができるの?
  • これらは一部のこども達ができればよいの?

これらは全て違います。

小学校の段階では、プログラミングを学ぶのが目的ではありません。 これまでの授業よりも、より深い学びや気付きのためにプログラミングやコンピュータを使って授業をするのです。

私たちは先生たちと一緒に、今年度からスタートする小学校のプログラミング教育に向けて取り組んできました。 本イベントでは、先生方がプログラミング教育をスムーズに実施できるように支援した取り組みの紹介や、日々の活動における気付きや課題を、プログラミング教育に興味をお持ちの皆さまと共有いたします。私たちは「IT 企業だからこそ、できることがある」。そう考えています。ご期待ください。

配信URL

<配信が近づいたらこのページで告知します>

タイムスケジュール

時間 内容
18:45~ 開場
18:55~19:00 前説&オープニング
19:00~19:15 プログラミング教育に対する当社の取り組み
『小学校プログラミング教育 さくらインターネットができたこと、できないこと』朝倉 恵
「プログラミングを教えれば良い」という単純な話ではなく、私たちも取り組んできて「ここは入っていくのが難しい・苦労があった」「ここが未だによくわからない」というのはどんなことなのか?ということを、私たちの活動紹介とあわせて解説し、これから支援に取り組みたい人にとっての参考情報を目指します。
19:15~19:30 『改めてプログラミング教育を考える』芳浦 卓司
これからの社会を考え、そこから必要とされる
プログラミング教育とは何かを考えます。
19:30~19:45 『教員向け情報誌 こどもプログラミング通信 3年間の軌跡とこれから』大喜多 利哉
「こどもプログラミング通信」はさくらインターネットが発行している小学校教員向けの情報誌です。産まれたいきさつと3年間の軌跡、そしてこれからについてお話しします。
19:45~20:00 プログラミング教育Q&Aタイム
20:00 おつかれさまでした

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

※ 懇親会はありません。

登壇者

  • 朝倉 恵(さくらの学校支援プロジェクト SPD、北海道石狩市を中心に担当)
  • 芳浦 卓司(さくらの学校支援プロジェクト、大阪府門真市担当)
  • 大喜多 利哉(さくらの学校支援プロジェクト、広報PD&こどもプログラミング通信編集長)

参加対象

本年度(令和2年度)から始まった小学校プログラミング教育に対して、IT 企業の取り組みに感心をお持ちの方

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。

※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

参加費

無料

Twitter ハッシュタグ

その他

運営担当:さくらインターネット さくらの学校支援プロジェクト/エバンジェリストチーム 前佛 雅人( @zembutsu )

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント