Genvid Japan Online Meetup vol.1

イベント内容

ゲームを「視聴者参加型」にアップデートしよう

「参加できるゲーム動画配信」を実現しよう

DRKK

ゲームプレイの実況配信や生中継動画は、ゲーム文化に関わる人口を大きく押し上げました。配信者や大会が盛り上がる一方で、ゲームクリエイターは積極的なかかわりは多くありません。

Twitchやニコニコ動画でのゲーム配信では、動画の視聴者がゲーム世界へ関われるシステムを有したタイトルが表れ始めています。 ゲーム側が動画配信に対応し、積極的に視聴者向けの機能を提供することで、ゲームコンテンツの新たなマーケットが見えてきます。

Genvid SDK + Unityで「インタラクティブ・ストリーミング」を実現

視聴者参加型のライブストリーミングに興味をお持ちの開発者に向けた、Genvid初のオンラインMeetupです。今回は主にUnityでGenvidを使っている方を対象に、最新のデモやダウンロードした後にどのように進めると効率的か、などについて事例を交えながらお話いたします。

講演ルームへのリンクは後日公開します。

スケジュール

19:20 zoomリンクオープン

19:30 [Genvidの概要、デモ&最新情報] Genvid Technologies Japan ビジネス・ディレクター ジョンソン裕子

19:50 [デモリッションロボッツK.K.のGenvidインテグレーション] 株式会社Head-High 代表取締役 一條貴彰

開発中のタイトル「デモリッション ロボッツ K.K.」の事例を紹介します。 https://throwthewarpedcodeout.com/DRKK/index.php

img

21:00 質疑応答など

21:30 終了

対象

「SDKをダウンロードしたが、何から始めていいか分からない」「何が実現できるのか分からない」開発者。

Genvid Technologiesについて

ゲーム業界のベテラン達が2016年に立ち上げ、Galaxy Interactive、Horizons Ventures、Makers Fund、March Capital Partners、OCA Ventures等が支援しているベテックベンチャー。Genvidは、TwitchやYoutubeなどで視聴者参加型のライブストリーミングを可能にするクロスプラットフォームの使いやすいミドルウェアです。esportsやゲーム実況、vtuberのライブで視聴者に対してよりリッチで楽しい視聴体験を提供し、そこからの個々の視聴者をターゲットにした収益化が可能になります。Genvid SDKはゲーム開発者向けに特別に構築された最初のインタラクティブストリーミングツールです。https://www.genvidtech.comから無料でダウンロードしていただけます。

株式会社ヘッドハイについて

ヘッドハイは2017年に設立されました。ゲーム開発者を対象に、開発ツールやサービスのDeveloper Relations事業を行っています。 また、インディーゲーム開発者向けの情報サイトIndieGamesJp.devを運営しています。 https://indiegamesjp.dev

現在はGenvid Technologiesと共同で、インタラクティブな動画配信のシステムを搭載した新作マルチプレイゲーム「デモリッション ロボッツ K.K.」を開発中です。 https://head-high.com/

代表取締役:一條貴彰

会社代表とインディーゲームクリエイターの2足のわらじ。過去作「Back in 1995」PS4/Switch/Xbox One 著書:「Unityサウンド エキスパート養成講座」「Unity ネットワークゲーム開発 実践入門」

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。