[REV UP] LINEBOTとGateboxで作る!受付システムとバーチャル受付のお姉さん

イベント内容

LPF REV UP 2020

LPF REV UP 2020について

LPF REV UP 2020は普段LINEのAPIに関する勉強会や情報交換を行っている東京、関西、九州のコミュニティが合同で主催するカンファレンスです。2020のテーマは「開発者と共に。ユーザーを支えるLINEプラットフォーム」。

LINEの認定するLINE API Expertやテクノロジーパートナーを中心に、ミニアプリ、Messaging API、LINE Pay APIなど技術に関するセッションからwithコロナ時代に生まれている新しい体験やビジネスについてのセッションまで、幅広い内容のセッションをご用意しています。

視聴はオンラインです。是非お気軽にご参加下さい。
本イベントページはREV UP2020における1つのセッションの申し込みページです。

気になるセッションがあれば、いくつでも参加登録してください。資料が公開されたときなど見逃しが少なくなります。同時間帯複数セッションへの申込みも大歓迎です。

※ LPF = LINE platform

セッション概要

キャラクターと一緒に暮らせる”俺の嫁召喚装置”として話題の「Gatebox」。実はSDKが公開されており、誰でも自分好みの”嫁”を召喚できることをご存知でしょうか。ホログラフィックによる召喚体験もさることながら、カメラやマイク、その他センサーをAPIを通じて簡単に利用できるため、ハードウェアの知識がなくてもサービスロボットを開発することができます。

本セッションではLINEBOT・LIFF(LINEミニアプリ)で作る受付システムとGateboxで作る受付のお姉さんとを連携させたサンプルを題材に、アーキテクチャや要素技術毎の実現方式、その他開発の勘所等をご紹介します。

※本セッションで用いる「嫁」という単語は特定の性別や配偶者を意味するものではなく、インターネットスラング等でみられるような「最愛の人格」という意味で用いています。また特定の職種と性別を結びつける意図もございません。

スピーカー

植木 悠二

ham && software 代表 DXテックリード / テクニカルライター / ホビープログラマー

高校卒業後に単身上京し、バリスタの見習いをしながら独学でプログラミングを習得。損害保険会社にスカウトされたのをきっかけに、以後複数の金融機関でDX施策のテックリードを担当。特にRPAは2010年から手掛ける得意分野。

プライベートではうえぞう名義で活動。理想の妹の追求をモチベーションとした「いもうとドリブン開発」により、2017年LINE BOT AWARDS(Twilio賞)、2018年LINE BOOT AWARDS(Gatebox賞)、2019年Clova Skill Awards(入賞)。 2020年に開発サークルham && software(ハムカツソフト)を立ち上げ、代表就任。

著書に『Excel VBAでIEを思いのままに操作できるプログラミング術』(インプレス)、『小さな会社のExcel VBA業務自動化アプリケーション作成・運用ガイド』(翔泳社)等。

Twitter : https://twitter.com/uezochan
Facebook : https://www.facebook.com/uezochan

タイムテーブル

※ 詳細はイベント特設ページでご確認下さい。申込数の上限や同時間帯における重複参加数の制限はございませんので、少しでも気になるセッションには参加登録をされることをオススメします。

REV UP 2020

他会場について

セッションは東京、関西、九州の3トラック同時開催で行われます。全てオンラインで視聴することができます。

事例、テクニカル、LINE社によるセッション等多数のセッションをご用意しております。気になるセッションは全てconnpassでお申し込みいただいて、お気軽にご参加下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント