【オンライン】UX思考で変わるテクニカルライティング勉強会 #3

UX

イベント内容

UXライティングとは

ここ数年、「UXライティング」という言葉に注目が集まっています。UX Milkの記事では、UXライティングについて、次のように定義されています。

UXライティングとは、プロダクトとユーザー間のインタラクションを支援し、プロダクト内のユーザーを導くUIのコピーライティングのことを指します。UIのコピーには、ボタンやメニューラベル、エラーメッセージ、セキュリティの注意喚起、利用規約、その他のプロダクト使用に関する指示などが含まれます。

UXライティングの主な目的は、ユーザーとデジタルプロダクトのコミュニケーションを解決することです。

UXライティングというテーマでは、UIのテキストについて語られることが多いと思います。ですが、上記の定義のとおり、マニュアルやヘルプ、リリースノートなど、「テクニカルライター」が作ってきたユーザーサポートドキュメントもUXライティングの適用対象に含まれます。

「プロダクトとユーザー間のインタラクションを支援する」という目的に向けては、UIとコンテンツに区別を付けず、一環した戦略のもとにユーザーのプロダクト利用をサポートしていく必要があります。

ミートアップの目的

では、テクニカルライターはUXライティングの考え方から何を学ぶべきでしょうか?テクニカルライターの仕事にどう活かしていくべきでしょうか。

UXライティングについての書籍やWebコンテンツはまだ少なく、従来のライティングとの違いも曖昧なので、皆さん手探りな状態だと思います。

そこで、テクニカルライターの皆で集まって、UXライティングについての学んでいく会を企画しました! UXライティングについて学んだこと、考えていること、取り組みを紹介し合って、自分たちの活動に活かしていきませんか?

ミートアップの進めかた

各回2,3人のスピーカーを交えて、UXライティングをテーマにディスカッションしていきます。
UXに関連するテーマであればOKですので、ユルく学んでいきましょう。 スピーカーも募集しています!

対象者

テクニカルライティングを仕事にしている方を想定してますが、その限りではありません。
マニュアルやヘルプなどのユーザーサポートドキュメントを対象としたUXライティングに興味がある方は是非ご参加ください!

開催場所

COVID-19 の影響を鑑みて、このミートアップはオンラインで開催することにしました。
開催日が近くなりましたら、このイベントページ(「参加者への情報」欄)にミーティングのURLを記載します。
Microsoft Teamsアプリ、またはWebブラウザーで接続してください。

今回のスピーカー

セッション1

株式会社ヤマハミュージックジャパン 平井 大生さん
お客様目線のPDCA

スピーカープロフィール:
お客様コミュニケーションセンター センター長として、サポートのデジタルシフトを推進。
メール、FAQといったテキスト中心コミュニケーションを通じたお客様の理解と、人物、ニーズに寄り添ったサポートの追求を続けている。

セッション2

パーソルワークスデザイン株式会社 吉田 純一郎さん
お客様目線、UXからのDXへ

スピーカープロフィール:
後ほど

タイムスケジュール

時刻 詳細 時間
16:00 - 16:05 オープニング 5分
16:05 - 16:35 セッション1 by 平井さん 30分
16:35 - 17:05 セッション2 by 吉田さん 30分
17:05 - 17:10 休憩 5分
17:10 - 17:25 フリーディスカッション 15分
17:25 - 17:30 クロージング 5分

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント