ノンプログラミングでIoT Plato体験会 @鹿児島

イベント内容

お知らせ 本体験会は緊急事態宣言の延長にともない来年度に延期とさせていただきます。申し込んでいただいた皆さんには大変申し訳ありません。来年度の開催をお待ちください。

Plato(プラトン)は特定の機能に特化したIoT製品ではありません。様々な環境で、様々なニーズをユーザ自身がノンプログラミングで可能にするシステムです。

Platoには手のひらサイズのセンサーデバイス(温度、湿度、加速度、GPS内蔵)が付属しています。また、アプリの作成はアイコンのドラッグ&ドロップで作成できます。

本セミナーは会場にて実際にセンサーデバイスとPlatoを使って自由にIoTを体験していただく方と、会場には来れないがPlatoをみてみたいという方のためにオンラインでの参加も受け付けています。 (講師はオンラインで講演します)

こういう方に

・IoTを始めたい、IoTで解決できそうな課題があるけどどこから手を付けたらよいのかわからない

・IoTはとかく時間や費用がかかると感じていらっしゃる方

・POCだけでなく本番環境でつかえるものがほしい

そのような皆さんにはこのIoTプラットフォームPlatoは最適な解のひとつと言えるでしょう。 Platoは各種センサーを内蔵したバッテリで動作するエッジデバイス、そのデータをインターネットに中継するブリッジデバイス、そして必要なアプリをドラッグ&ドロップによるGUIで生成するフレームワークが一体となっています。

*PlatoはRubyの組込向け開発言語mrubyとmruby/cを使って開発されています。 mruby,mruby/cに興味のある方も大歓迎です!

2018 Ruby Biz グランプリ device technology賞を受賞

2019 Fukuoka Ruby 大賞 優秀賞受賞

予定

time 内容
15:00 開場
15:30 Plato開発の経緯や目的、mrubyのメリット
16:10 Platoデモ
16:40  Platoを実際に使ってみる(希望者)
     質疑応答
17:30    クロージング

講師:SCSK 九州株式会社 mrubyエバンジェリスト 三牧弘司

会場について

〒892-0821 鹿児島県鹿児島市名山町9−15 旧 ソフトプラザかごしま マークメイザン ユーティリティスタジオAB

最寄り駅

アクセスについてはこちらを参考にしてください

https://mark-meizan.io/facility/about

会場にて実際にPlatoを体験される方

・事前にPlatoをインストールして頂く必要があります。

・会場参加の方の申し込み登録は事前準備があるため2月19日13:00とさせていただきます。

主催者からダウンロードサイトのお知らせをメールにて送りますのでインストールしてご参加ください

※ご不明な点など下記にご連絡ださい

h.ishii@mruby.org

ご準備いただくもの

・Bluetooth機能内臓のPC

・対応OS  Windows10, Mac OSX

ブラウザとしてChromeをご用意ください

Plato Web

その他

・当日は、人と人との距離を確保できる配席とするほか、マスクの着用、消毒液の設置、検温等の新型コロナウイルス感染症対策を実施しますので、ご協力をお願いいたします。

・講師はオンラインで講演を行います。ハンズオン研修では、実地で実際にデバイスを用いながら体験ができますが、他の参加者との距離の確保に努め、安全・安心な運営を行います。また、デバイスの操作補助等の役割として、1名のみ運営スタッフが現地で対応を行いますので、オンラインでのやり取りやデバイスの操作等に不安を感じる方も安心してご参加ください。

・現在、福岡を含む対象地域に緊急事態宣言が発出され、鹿児島県においても感染拡大警報が2/7まで発出されています。本イベントはこれらの宣言や警報が解消され、安全に開催できることが見込まれる場合のみ開催することとし、今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、中止もしくは延期を臨機応変に行うこととしていますので、あらかじめご了承ください。

共催

一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会

特定非営利活動法人軽量Rubyフォーラム

後援

鹿児島県

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント