Elixir Digitalization Implementors #4:OSSお披露目会

イベント内容

本イベントはフルリモート開催で、イベント申し込みをすると本ページ上部に出てくる「参加者への情報」欄にて、参加方法などをご案内します

「Elixir Digitalization Implementors」とは?

「Elixir Digitalization Implementors」、略称「EDI」は、「Elixir実装の芽」をみんなで愛でるコミュニティです

そうした芽から、「身近な仕事や生活をElixirでデジタル化して、良くしていこう」というのが、この会の狙いです

そんなEDIのLT(Lightning Talk)会は、様々な「Elixir実装の芽」、つまり、みなさんがElixirで作ったもの(個人、仕事、もくもく会、技術書典などを問わず)をスライド無OKの気軽なLTで共有し合い、みんなで一緒に愛でる会です(スライドでの発表もOKです)

Zoom接続さえできれば、本人でも、SnapCameraでも、2Dアバター/3D(VR)アバターでも、お好きな姿・形(18禁はお断り)でご参加OKの、「対面」と「アバター」が混在する「未来指向の技術コミュニティ」…司会もVRアバターです

閉会後の「お茶会」では、「Elixirのこういう話を聞きたい」をアルケミスト(Elixir経験者)に聞いたり、本会では聞けなかった突っ込んだ話、現場のリアルなんかを、登壇者や参加者とワイワイする時間帯もあります

タイムテーブル

時間 発表者 内容
19:30-19:45 image.png FLICKpiacere カンパイ挨拶、会の趣旨説明、Zoom練習(記念撮影)
19:45-19:55 image.png koyo-miyamura 「Shotrize」のコード生成Mixタスクの実装について
19:55-20:05 image.png the_haigo 「Nx」と「Axon」を触ってみた話
20:05-20:15 image.png torifukukaiou ITエンジニアが未来を創る ~ DXを推進する技術者の役割
20:15-20:25 (全員) ディスカッションタイム
20:25-20:35 image.png kikuyuta FA関係技術のオープンソース化計画
20:35-20:45 KenkoYoshitomi 小粒ユーティリティ「Smallex」のOSS活動を共有します!
20:45-21:00 image.png piacere Express/PHP並にお気軽Web/API開発OSS「Shotrize」ライブコーディング
HMDかぶってNeosVRから高速Web&API開発お届けするよっ!
21:00-22:00 (全員) お茶会 & 「Elixirのこういう話を聞きたいっ!」タイム(適宜、流れ解散です)

持ち物

  • 【最重要】この会は、カンパイスタートの緩い会なので、お酒とお菓子、ご飯の準備を各自お忘れなく(^o^)
  • イベント申込後、本ページ上部に出てくる「参加者への情報」欄をご覧いただき、事前参加準備をお願いします
  • 事前にElixir/PhoenixをインストールしたPCをお持ちいただくと、発表内容をその場で試したりできるかも
  • 「Elixir実装の芽」をみんなで愛でるので、批判精神や完璧主義は、くれぐれも持ち込まないようお願いしますm(__)m

「Elixirって『関数型言語』でしょ?仕事では使えないんじゃないの?」

一般的に「関数型言語」と言えば、言語の習得が難しく、組織として選定しづらいイメージがありますが、Elixirは、言語仕様や構文がシンプルかつ簡単なので、「育成や習得の容易性」を切り捨てること無く、関数型のメリットも享受できます

「Elixirならでは」のメリットは、以下の通りです

  • 習得がカンタンで、ムダな記述も無いため、プログラミング経験が無い入門者・初級者に、実は向いている
  • データや処理を、上から下、左から右の自然な流れで書ける「パイプ」が直感的でイイッ
  • JSONパースが得意なので、Google APIやBacklog API等、様々なWeb APIとの連携にとても強い
  • マルチコアCPUを簡単にフル活用できる
  • データ変換とバイナリデータ検索に特化しているので、ファイルヘッダ解析やIoT/ドローン制御にも向いている
  • 長期間の安定運用を実現してきた「Erlang VM」の元で動作する
  • 変数の形や値で「パターンマッチ」できて、さらに関数の引数でも可能な数少ない言語(快感すら感じる)

さらに、関数型としてのメリットも、上乗せされます

  • 状態が無いことで、同じ入力を何度行っても同じ出力しか返さないので、意図しない挙動にならない
  • 変数がイミュータブル(作成後にその状態が不変)なので、マルチスレッドや並行処理で競合しない
  • プログラム構造が小さな関数群で構成され、シンプルに保たれるため、変更容易性が向上する
  • 少ないコードで、凝縮度の高い高度な処理が書ける
  • リスト設計に慣れていくと、他言語で数百行かかる複雑な処理も、数行のコードで組むことが可能になる
  • できあがったコードは、オブジェクト指向言語の1/100の量になることもあり、見た目も100倍エレガント
  • オブジェクト指向言語経験者の移行は大変(関数型全般に言える)だが、移行後は、何倍も生産性が高まる

実際に、Elixirがどの位カンタンに習得できるかと言うと、たった3つの関数を覚えるだけ、30分~1時間もあれば、Web+DB/Web+API/Webグラフ表示まで実現できてしまいます

通常の関数型言語と一線を画す、このElixir/Phoenixのパワーを直接体感してみたい方は、「ExcelでElixirマスター」シリーズをご覧ください

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント