OSS Gateミートアップ for Red Data Tools by Speee

イベント内容

概要

「Rubyでデータ処理できるようにするプロジェクト」Red Data Toolsの開発をする集まりです。すでにRed Data Toolsの開発に参加している人はもちろん、これからRed Data Toolsの開発に参加したい(Rubyでデータ処理できるようにしたい!)人向けの集まりです。

参加にあたって特に事前知識は必要ありません。必要であれば集まりの中で随時説明するからです。

この集まりは「OSSの開発に参加する人を継続的に増やす取り組み」OSS Gateの一環です。Red Data Toolsが開発するツールはすべてOSSです。

以下は参考URLです。

事前準備

事前にGitHubのアカウントを取得しておいてください。 可能でしたら、Red Data Toolsのプロジェクトページに目を通しておいて頂けると幸いです。

当日持ってくるもの

Red Data Toolsの開発に使えるノートパソコンを持ってきてください。「Red Data Toolsの開発に使えるノートパソコン」というのは次のようなノートパソコンです。

  • バージョン管理システム(Git)をインストール済み
  • GitHubにログインできる状態になっている
  • 開発に使うプログラミング言語の処理系(RubyインタプリターやC++コンパイラーなど)をインストール済み
  • 開発に使うエディターをインストール済み
  • などなど

準備で困った・不安なことがあるという人はチャットで相談してください。

目標

  • ワークショップ中に実際にRed Data Toolsに関連するOSSの開発に参加する
  • ワークショップ後も継続してRed Data Toolsに関連するOSSの開発に参加できそうな気持ちになる

会場詳細

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント