TOP

Yak Shavingに力を注ぐ時代終焉。システム基盤の構築・運用作業ゼロをPaaSで実現

イベント内容

概要

Yak Shaving (ヤクの毛刈り) とは「ある問題を解決しようとすると別の問題が発生し、それを解決しようとするとさらに別の問題が発生し…」ということが延々と続くことで使われます。システムの構築・運用を行う上でも、このYak Shavingが多々見受けられます。

イノベーションが求められるこの時代に、Yak Shavingに時間やコストや労力を使うことは無駄以外のなにものでもありません。今こそシステム基盤の構築・運用作業ゼロをPaaSで実現させましょう。

数あるPaaSベンダーの中でも、ひときわ商用に設計されたPaaS提供するEngine Yardが、IaaSを利用する場合と比較しながらPaaSを利用するメリットをご紹介します。

このセミナーでは、Engine Yard Cloudのデモもご覧いただきます。ハンズオンセミナーではないため、パソコンはお持ちいただかなくても構いません。

受講対象者

  • クラウドの利用を検討している方
  • アプリケーション開発ベンダーにお勤めの方
  • Webサービスのスタートアップをされている方
  • IaaSやPaaSをご利用の方やご興味のある方
  • Engine Yard Cloud入門セミナーに受講予定の方

アジェンダ (暫定)

  • 会社紹介
  • Webサービスでイノベーションを生むクラウド
  • クラウド市場におけるPaaS
  • Engine Yardの製品とサービス (IaaSを利用する場合との違い)
  • Engine Yardの利用事例
  • Engine Yardが向かう今後のPaaS
  • Q&A

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。