TOP

よちよち.rb 第41回

イベント内容

最初にお読みください

この勉強会は、 プログラミング歴約2年程度 までの初心者の方を対象にしたものです。
少し特徴がありますので、ご登録の前に以下の注意事項を必ずお読みください。
よちよち.rb とは

今回やること

Rails チュートリアルをすすめていきます。
今回は「4.4 Ruby におけるクラス」から。

大切なお願い

よちよち.rb のミートアップではグループワーク形式をとっていることから、原則として参加者全員が同じスタート地点に立った状態で当日の勉強を開始したいと考えています。
そのため、上記の項までは各自ですすめてあるという前提のもとでミートアップを実施します。ご協力をよろしくお願いします。
(ミートアップに参加したことのない方でも、よちよち.rb 対象のかたであれば私たちの SNS グループに参加して質問などをしていただけます。詳しくは @yucao24hours までお気軽にお問い合わせください。)

やってきてもらいたいこと

Githubが提供している Gist を使って、自己紹介を自由に書いてきてください。

書いておいてほしい内容

はじめての方

ファイル形式は自由ですが、余裕があったらMarkdown(.md)を使ってみると 後々役立つと思います。
Gistの使い方参考:
Gistの使い方を覚えました - tyoshikawa1106のブログ

できあがったら、GistのURLをこちらへ貼ってください:
https://github.com/yochiyochirb/meetups/issues/598

2回目以上の参加の方

毎回みなさんに自己紹介ファイルの Pull Request を送っていただいていましたが、今回から、「シュクダイがお休みの週」だけは @yucao24hours が ミートアップ開始時にまとめて members ディレクトリからコピーする、という手順にしてみようかなと思います(試しに)。
ご自身で更新したいところがある方 と 今回が2回目の参加の方(つまり members にまだファイルがない方)は、従来どおり Pull Request を出しておいてください。
Pull Request の出し方やよちよち.rbのルールは こちら

持ち物

  • ノートPC
  • 名札(前回までに参加した方のみ。なければ新しいものを差し上げます。)
  • 飲み物など

重要!会場への入館について

滞在時間に応じて料金が発生しますので、参加者全員でまとまって時間通りにお店に入りたいと思っています。
そのため、 お店近くで待ち合わせをしてから入ります。

  • 待ち合わせ時間:19:45
  • 待ち合わせ場所:JR有楽町駅中央口のきっぷうりば前

時間に間に合わない方は、お店まで直接お越しいただいて大丈夫です。その際、 @yucao24hours までご一報ください(Twitter アカウントをお持ちでない場合は satoimo.to.imo at gmail.com までメールをください)。

会場について

  • 一般の電源カフェのため、 滞在時間に応じた料金が発生します(参加者数によって変わりますが、500~1,000円/人だと思います)。
  • 電源・無線LANがあります。
  • 飲食物の持ち込みは可能ですが、店内にはフリードリンクサービスもあります。

不安なことがありましたら どんな些細なことでも、ご遠慮なく @yucao24hours までご連絡ください(^o^)

参加者
19人 /定員19人
申込先
会場
電源カフェbeez 銀座店
東京都中央区銀座2-4-19 浅野第3ビル5F

注目のイベント

タグに関連するイベント

2018/02/20(火) 19:00 〜 21:30
岡山県 法界院
2018/03/24(土) 11:00 〜 17:35
東京都 東京
2018/02/27(火) 19:00 〜 21:00
2018/02/24(土) 14:00 〜 18:00
東京都 初台

コラム

イベント New

テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会を一緒に作りませんか? - Lancers Tech Career Meetup -

2017年10月28日(土)13時20分より、「Lancers Tech Career Meetup - テクノロジーで誰もが自分らしく働け...
35 views
イベント New

最高にやりがいのある仕事を大好きな場所で 〜 アクセンチュア流 20代後半からの北海道・会津で描くエンジニアのキャリア 〜

2017年9月23日(土)13時より、「アクセンチュア流 20代後半からの、北海道・会津で描くエンジニアのキャリ...
163 views
イベント

日本の製造業が「インダストリーX.0」に適応するには〜アクセンチュアの提言

モノづくりそのものが価値だった時代から、各種デジタルテクノロジーとの連携・融合が価値を生む時代へーー...
438 views