TOP

クリップ
2014/03/09(日) 14:00 開催
大阪府 堺筋本町

【限定募集:第1回の申込者のみ、参加登録可能】第2回ドメイン駆動設計読書会@大阪

基本情報

日 時 2014/03/09(日) 14:00 〜 17:00
会 場 大阪産業創造館、6F会議室D
住 所 大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館
定員数 申込 18人/定員 23人
申込先 Doorkeeper

イベント内容

「エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計」について、理解を深めるための読書会です。

第1回で募集したところ、想像していたよりも多くの方に参加登録をして頂きました。ありがとうございます。

小さな会場しか取っていなかったので、来られない方もいらっしゃることとなり、すみませんでした。

第2回については、下記とさせて下さい。

  • 第2回、第3回は、30人入ってもだいじょうぶな会場に変更しました。
  • 第1回に希望登録頂いた方、全員に、2回目以降の告知案内をお送りさせて頂きます。
  • 第2回目以降は、原則として、新規の参加者募集はいたしません。
  • 人数が多い場合は、適宜グループ分けをしてそれぞれ進めて、最後に発表共有する形にしたいと思います。

重要:参加条件

  • 第1回に参加申し込みをされた方

  • 欠席された方や、定員制限のために来られなかった方でも、第1回に申し込みをされていれば参加可能です。

読書会の進め方

節やページ単位を交代で読み上げ、交代のタイミングと最後にディスカッションを行います。

それぞれの回でレポート担当者を決め、担当者は 1 週間以内を目処に Wiki ページ

https://github.com/dddosaka/reading_ddd_report/wiki/_pages

にレポートを記述します。このレポートは途中の回から参加される方のガイドにもなります。

できれば事前に進行分を読んでおき、その段階の考えや疑問点を何らかの形で記録しておくといいでしょう。

スケジュール(仮)

下記の予定で、隔週ペースで開催していきます。

第1回実績 趣旨説明、ナビゲーションマップから序文まで
レポートWiki https://github.com/dddosaka/reading_ddd_report/wiki/vol1_20140222

第2回 目次、はじめに、第1章 知識をかみ砕く p.1-p.21
第3回 第2章 コミュニケーションと言語の使い p.23-41
第4回 第3章 モデルと実装を結びつける p.43-59
第5回 第4章 ドメインを隔離する p.61-77
第6回 第5章 ソフトウェアで表現されたモデル p.79-86、まとめ

  • 第 6 回終了で、1つの区切り(この読書会はいったん終了)とします。
  • 終了後の方針は(続きを読んでいくのか、他の題材で続けるか、形式をどうするか等)は別途検討予定です。

第2回のタイムテーブル

Time Contents
13:00- @kuma_nana会議室の鍵を受け取り、スタッフで机の配置を調整
13:30- 開場
14:00-14:30
□今日の流れを説明、ディスカッション時、1人1回は自由に発言を(山根)
□自己紹介(全員)
□前回レポートをプロジェクタで出して、要点、キーワードの復習、共有(久保さん)
□グループ分け:各グループで進行担当(=締めの発表担当者)とレポート担当(=Githubオーガニゼーション追加)を決める。
14:30-16:00 読書会(順次読み上げとディスカッション)
「はじめに」
「目次」
「第1章 知識をかみ砕く(<途中までになる見込み)」
16:00-16:10 - 休憩、会場費を参加人数の実績で割って精算(山根)
16:10-16:40 各グループによる発表(15分ずつ)
16:40-17:00 撤収、机を元に戻す
17:00 退室完了

備考

  • 当日に会場費を参加人数で割ります(数百円精算させて頂きます)。
  • Twitterでシェア
  • 0
    Facebookでシェア
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加

タグに関連するイベント

2017/11/14(火) 14:00 〜 17:00
東京都 豊田
2017/10/24(火) 17:00 〜 20:30
東京都 恵比寿
2017/11/02(木) 20:00 〜 22:00

コラム

イベント New

【東京】10月後半・土日開催のもくもく会まとめ

【東京】10月後半・土日開催のもくもく会まとめ どうも、毎月末の日曜日にノンテーマのもくも...
112 views
インタビュー New

【インタビュー】数々のモバイルゲームを開発する大手企業にはどんなエンジニアがマッチする? 異なる立場で働く現役エンジニアに尋ねる!

KLab株式会社は、数々のヒットタイトルを連発するモバイルゲーム開発企業である。 2000年の創業以来、様...
126 views
ノウハウ

東京で活躍する14のコミュニティが結集!「DevFest Tokyo 2017」スライドまとめ

Android, VR, AR, Go, Web, Cloud, Firebase, 機械学習, TensorFlowをテーマに、東京で活躍する14のテック...
531 views

Facebookページ

TECH PLAYで申込可能なイベント