TOP

dF Lounge | C4DとAEの連携で制作する3Dオブジェクトの実写動画合成

イベント内容

概要
After Effects CCに搭載された”CINEWARE”によって、CINEMA 4Dとの連携が容易かつパワフルになりました。しかし実践的なチュートリアルは未だ数少なく、具体的な連携方法に不明点が多いのも事実かと思われます。
・連携すると何ができるようになるの?
・どうやったら連携できるの?
・これまでの連携とは何が変わったの?
という方も多いのではないでしょうか。 
今回はCINEWAREを利用して出来るようになったことを紹介しながら、実際に3Dオブジェクトをまるでそこに存在しているかのように実写動画の中に合成する方法を実践したいと思います。

参加希望の方は、よろしければ普段どのようにAE or C4Dを使用しているかコメント欄に記入をお願いします。WSの進め方の参考にさせていただきたいと思います。


タイムテーブル
12:45 開場(素材/資料配布)
13:00 講師紹介・挨拶
13:10 AE連携の作品例など紹介
13:20 AE-C4Dの連携概要説明
13:50 連携実技 - 連携の下準備
15:00 休憩(15分)
15:15 連携実技 - モデリング、ライティング、アニメーション等仕上げ作業
17:00 まとめ
17:10 終了
17:30 退室


持ち物
Adobe After Effects CCがインストールされたラップトップPC
※After Effects CS6以前のバージョンでは参加出来ません。
※動画編集が無理なく行えるスペックのPCが望ましいです。

参加費
無料

参加対象者
After Effects CC、CINEMA 4Dの連携を使った映像制作に興味がある方。
※CINEMA 4Dは利用経験があることが好ましい
●例
・AE、C4Dの片方しか使ったことがない方
・両方使っているけど連携したことのない方
・CS6以前の連携しか使ったことのない方


講師
竹内 冠太
Webサービス運営会社にて、企画・ディレクションに従事
退社後、CINEMA 4Dを利用した映像制作、フォトグラファーとして幅広く活動中

アシスタント
矢吹 惇
デザイン事務所にて、プロダクト、DTP、Webサイト等の企画・デザインに従事
プロダクトや空間のデザインイメージ制作にCINEMA 4Dを使用。


入場について
1. ビルのエレベーターより 5F までお上がりください。
2. エレベーターを出てすぐ左手がオフィス入り口となります。
3. 待機しているスタッフが部屋までご案内いたします。

注意事項
・13時に間に合わない方は、オフィス入り口で #dflounge をつけてつぶやいてください。
 スタッフがお迎えに上がります。
・会場内に Wi-Fi はございません。インターネット環境が必要な方は各自でご用意をお願いします。
 (WiMAX等は繋がりが悪いです)
・電源は会場にございます。

dF Loungeについて
dF Lounge (ディーエフ ラウンジ) は、デザイナー同士の繋がりを目的とした勉強会グループです。
これまで大学生向けに designFocus という活動を行っていましたが、社会人向けに dF 
Lounge を始めました。
主に Webデザインやモバイルプラットフォーム、UI デザインに関係した内容を、勉強会や情報交換といった場を通じて取り扱っています。

Facebookページ
Twitter
参加者
10人 /定員12人
申込先
会場
フェンリル株式会社
東京都品川区西五反田 2-27-3 (五反田フロント 5F)

注目のイベント

コラム

イベント New

【レポート】データ活用ビジネスの始め方:デジタルマーケティング[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
153 views
イベント New

【レポート】デジタルマーケティングから紐解き、マーケティングをもういちど考える:デジタルマーケティング[第1部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
324 views
イベント

11月(後半)に開催される注目のITイベント・勉強会まとめ

11月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加...
602 views