TOP

ゲーム開発で学ぶSwift入門

イベント内容

SpriteKitを使ってiOSのゲームアプリを作ってみよう。

どんなイベント?

iOS標準FrameworkであるSpriteKitを使って簡単なゲームアプリをハンズオン形式で作りながらswiftの基礎を学ぶ内容となります。

・SpriteKit
ゲーム制作用のframeworkとしてはcocos2D,unity等も有名ですが、SpriteKitはiOS7からサポートされた2Dゲーム製作用の標準frameworkです。ゲーム制作以外ではなかなか使わないframeworkなのでこの勉強会をきっかけにSpriteKitについて勉強してみましょう。地味だけど使えるframeworkです。 https://developer.apple.com/library/ios/documentation/SpriteKit/Reference/SpriteKitFramework_Ref/index.html

実際に手を動かしてアプリを作りながら、アプリ開発のやり方や楽しさを知ってもらうことを目的としています。初心者向けに開発環境であるXcodeの使い方から説明していきますので、一緒に手を動かしてアプリを作ってみましょう。

アプリ制作だと挫折しそうだから楽しそうなゲーム制作からプログラミングを勉強してみたい方や、いつもアプリ制作をしていてなかなかゲームframeworkを触る機会がないなどの方におすすめです。一方で、Swiftやオブジェクト指向、プログラミングやその他もろもろの細かい説明は最低限しかできないと思いますので、深いところや実践的なノウハウなどを期待される方には物足りない可能性があります。

学べる技術要素

  • Xcodeの使い方
  • Swiftの簡単な文法
  • SpriteKitの簡単な仕組み
  • ゲーム画面の作り方(Storyboard、SKScene、SKNode)
  • 衝突やパーティクル効果のやり方

※ どれも基本的なところを説明し、実際に使うところまでやります

タイムスケジュール

7月3日(金)
 19:15〜19:30 受付
 19:30〜21:00 ハンズオン

※ 終了時間は進行状況により前後します

会場

株式会社BizReach(東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F)

持ち物

  • Xcode 6.3(最新版)をインストール済のMacBook(電源とWi-Fiは使えます)
  • 名刺(学生は記名でOK)

備考

  • Xcode 6のインストールには時間がかかりますので、あらかじめAppStoreからインストール(無料)しておいてください
  • 参考書籍等の貸し出しはありませんので、必要であれば持ち込んでください
  • ドリンクの持ち込みは可能ですが、食べ物はご遠慮ください
参加者
18人 /定員18人
申込先
会場
株式会社BizReach
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー 12F

注目のイベント

タグに関連するイベント

2018/05/17(木) 19:00 〜 21:00
福岡県
2018/05/20(日) 14:00 〜 17:00
東京都
2018/04/25(水) 19:30 〜 21:00
福岡県 博多

コラム

イベント New

目指すは究極の“個客”対応。ファーストリテイリング「デジタル改革」の本気度

ファーストリテイリングが2017年2月から本格的に始めた全社改革「有明プロジェクト」が注目を集めている。...
61 views
イベント New

【レポート】トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウハウetc…裏側をみせます! - KLab TECH Meetup -

2017年9月4日(月)19時30分より、「KLab TECH Meetup −トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウ...
63 views
イベント

インメモリデータベースの今後。新領域への適用可能性 - デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 -

2018年3月6日(火)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最新...
202 views