TOP

【スクラムナイト#7】ユーザーストーリーマッピングやで。シランけど。

イベント内容

スクラム道関西スクラムナイト第7回目は、ユーザーストーリーマッピングの技法を利用したプロダクトバックログの理解共有の一例を体験します。

"Discover the whole story, build the right product"

開発において、顧客や企画者と開発者との間で「何を作るのか」を共有するのは難しいステップです。誰もが間違いなく理解できる要件を書くことは非常に難しい作業ですし、順序付けられたバックログで進める場合にも、断片的な機能の集まりではプロダクトはチグハグになってしまいます。

ただ「作れるかどうか」だけの議論を越え、誰が何のために使うのか、そして、具体的にどんなものをどの位の期間で作るのか、といったことをプロダクトバックログのうえで議論し理解を共有するにはどうしたらよいのでしょうか。

今回紹介するユーザーストーリーマッピングはJeff Patton氏が提唱する、開発の製品やサービスの要件を表現するための手法で、開発者とPOなど人々が一緒になって作業することで、ユーザー利用のストーリーとしてプロダクトへの理解を共有することができます。

近々、書籍「ユーザーストーリーマッピング」の日本語訳版が発売されます。スクラム道関西では先行して体験し興味を持ってもらうことで、多くの方が現場で活用し実践の情報交換をできるようになればと考えています。

ユーザーストーリーマッピングを体験し、プロダクトバックログにおける "適切な詳細さ""実現可能性" とは何かを、一緒に考えてみましょう。

ナイト役山本 雄一郎

対象者

  • 製品/サービスの企画や開発の責任を担っている方
  • アジャイルに取り組みたい開発技術者
  • プロジェクトに携わる人々の意思共有に熱意を持つ方

スクラムナイト とは

スクラムナイトは、スクラム道関西の主催による、スクラムについて少しだけ深く学ぶための定期イベントです。
よりよい開発のための情報を共有していきたい、そして、幸せなスクラムの実践者を増やしたいとの考えから、現場での実践にクローズアップしながら、スクラムフレームワークから毎回テーマを選んで、およそ2カ月ごとに開催していくイベントです。

スクラム道関西 について

私たちは、ソフトウェア開発における私たち自身の現場をより良くしたいという想いから、スクラムやアジャイルな開発の知識を相互に共有し、議論しながら切磋琢磨するために集まった関西のコミュニティです。
より多くの人々に、従事する開発現場を改善するきっかけになるような情報を発信し、また、みなさんの悩みや問題を一緒に考え話し合うことで、より広い知恵と知識を培っていける場を設けていきたいと考えています。
私たちは開発者のみなさんがいつも笑顔で開発できるような世界を目指しています。

その他

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
*「主催者にお問い合わせ」フォームから送る

参加者
33人 /定員34人
申込先
会場
クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町
大阪市北区扇町2-1-7 関テレ扇町スクエア3F

注目のイベント

タグに関連するイベント

2018/05/16(水) 19:30 〜 21:00
東京都 赤坂見附
2018/05/12(土) 09:30 〜 17:45
愛知県 新栄町
2018/04/27(金) 19:30 〜 21:30

コラム

イベント New

目指すは究極の“個客”対応。ファーストリテイリング「デジタル改革」の本気度

ファーストリテイリングが2017年2月から本格的に始めた全社改革「有明プロジェクト」が注目を集めている。...
188 views
イベント New

【レポート】トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウハウetc…裏側をみせます! - KLab TECH Meetup -

2017年9月4日(月)19時30分より、「KLab TECH Meetup −トランザクションの多いゲーム運用、負荷分散ノウ...
121 views
イベント

インメモリデータベースの今後。新領域への適用可能性 - デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 -

2018年3月6日(火)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最新...
260 views