開発のケーススタディから学ぶMariaDBの可能性について

イベント内容

OSSのデファクトスタンダードなRDBMSは「MySQL」が主流と言われていましたが、これから期待されているRDBMSとしてMariaDBが注目されています。

検索エンジン最大手のGoogle社でも採用されており、日本企業でも急速な普及を遂げるようになりました。
今回はMariaDBの概要から機能や特徴など、これまで利用されてきたMySQLとの違いをわかりやすくお伝えいたします。

また、活用事例や導入の際の簡単なケーススタディを通じて、
エンジニア目線でMariaDBの魅力をお話いたします。

【お伝えしたいこと】
・MySQLに代わる次世代DBについて簡単紹介(MariaDB,Perconaの特徴と比較)
・ここだけは抑えておきたいポイントやメリット、デメリットの紹介
 (MariaDB、Percona特徴、機能紹介)
・開発現場におけるケーススタディや導入事例について
・マルチソースレプリケーション及びマルチマスタの優位性
・MariaDB Galera Clusterによる高可用性の実現

【URL詳細】
http://www.pasonatech.co.jp/skill_up/event/oss_maria.jsp

【講師プロフィール】
日本におけるオープンソースソフトウェアを利用したシステムやサービスの普及、
啓蒙活動などを中核事業とし活躍中。

株式会社スマートスタイル   
代表取締役 野津 和也氏
http://www.s-style.co.jp/

【持ち物】
特になし

【会場環境】
PCの持込について、
会場には電源スポットはご用意がございますが、Wifi環境をご用意しておりません。

【問い合わせ先】
セミナー事務局
担当 西
03-5224-5242

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。