Hour of Code Japan 2015 オープニング

参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加枠
先着順 無料 27人 / 定員30人

イベント内容

※本イベントはただいまキャンセル待ちになります。

Hour of Code は下記ワークショップでも体験できます

Hour of Code (アワーオブコード) でプログラミングを始めよう

Hour of Code は小学生から始められる世界的なプログラミング入門教育キャンペーンです。
キャンペーンでは1時間から学習できる教材をオンラインで無料提供しています。


12月5日に渋谷で開かれる Hour of Code Japan 2015オープニングには、
日本で活動する多くのIT企業が協力し、
各社のエンジニアがボランティアチューターとして指導します。




スポンサー企業

協賛

株式会社リクルートテクノロジーズ / ラクスル株式会社

特別協力

dots.(株式会社インテリジェンス) 株式会社CATechKids / 日本マイクロソフト株式会社 /  グーグル株式会社

協力

Yahoo!きっず(ヤフー株式会社) / 株式会社マルケト / ライフイズテック株式会社

グリー株式会社株式会社オープンウェブ・テクノロジー / 株式会社ドワンゴ / アドビシステムズ株式会社

株式会社Fusic株式会社 VERSION2日本事務器株式会社


(予定企業含む)

Hour of Code の教材

Hour of Code では教材をインターネット上に無料で提供しています。
教材は企業協力により、アングリーバードやアナと雪の女王等の子どもにお馴染みのキャラクターが使用されていて、
プログラミングも文字のタイピングではなく、ブロックをドラッグアンドドロップして行います。

当日のワークショップではアングリーバードの教材を使用します。

教材をみてみる。

ワークショップの参加者

プログラミング未経験の小学校1年生以上のお子さんを対象に、
実際にプログラミングのお仕事をしているエンジニアがボランティアスタッフとして指導します。

ワークショップの様子

参加にあたっての注意事項

  • 当日は、メディアやスポンサー企業による取材が入る予定です。また、主催者による写真撮影、動画撮影を予定しております。
    なお、上記差し支えがある場合には、当日受付の際、スタッフまでお申し付けください。
本イベントは終了しました

類似しているイベント