Goodpatch Design Process Workshop

イベント内容

KYOTO Design Labは、東京とベルリンを拠点としたグローバルデザインカンパニー、株式会社グッドパッチをお招きし、「Goodpatch Design Process Workshop」を開催します。

株式会社グッドパッチについて
グッドパッチは、日本では数少ないユーザーインターフェース(以下UI)デザイン・設計に特化したデザインカンパニーです。サービスのコンセプトデザイン段階から実装までワンストップで提供しています。これまでにはニュースアプリ「Gunosy」や家計簿アプリ「Money Forward」、キュレーションアプリ「MERY」など様々なデザインを手がけてきました。また自社製品のプロトタイピングツール「Prott」は世界140ヶ国以上で利用され、デザインプロセスに変革をもたらしています。

概要
本ワークショップでは、グッドパッチが実際に取り組んでいるデザインプロセスの一部を3時間で体験いただきます。
プロトタイプの作成時には、グッドパッチが提供しているプロトタイピングツール「Prott」 (http://prottapp.com/) を用いて、その場で実際にユーザーインタビューをすることでプロトタイピングに取り組むマインドセット・気づきを得ることができます。

当日の内容
冒頭は座学形式で、なぜデザインが重要なのか及びグッドパッチのデザインプロセスの中で重要なポイントをお話しいたします。
その後ワークショップに入っていきます。前半では、チームビルディング及びユーザーについて学びます。後半では、アイデアの発想から実際のプロトタイプまで落とし込み、ユーザーと会話をしながらサービスをブラッシュアップしていく方法を学びます。

参加対象者
* ユーザー起点でのサービス創出プロセスを学びたい方
* デザインやプロトタイピングという言葉は聞いたことがあるが、実際に実践したことがなく自身で体験したい方
* グッドパッチのデザインプロセスに興味がある方
上記対象者だけでなく、デザインやサービス創出に興味がある方であれば誰でも本ワークショップから学ぶことができます。

備考
こちらは通常、企業向けに提供している有償ワークショップですが、今回特別に京都工芸繊維大学の学生だけではなく一般の方にも開放いたします。

皆様奮ってご参加ください。

スケジュール
17:30 開場
18:00 開始・ご挨拶
18:05 Goodpatchのご紹介
18:10 Goodpatch Design Processについて
18:20 ワークショップ
20:50 まとめ・振り返り
21:00 懇親会(任意)
22:00 閉場
※タイムスケジュールは変わる可能性がございます。

使用言語
基本的には日本語。補助的に和英通訳があります。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。