How We Continuously Translate Tech Documents / A Highly Experimental Talk On Pair Programming

イベント内容

今回は会場がいつもの場所と異なりますのでご注意ください。

アジェンダ

19:00 〜 19:40 会場

飲み物を片手にRubyist同士の交流を深めて下さい。

19:40 〜 20:00 How We Continuously Translate Tech Documents Yohei Yasukawa

「Railsチュートリアル (700p)」や「Railsガイド (1,400p)」といった大型の技術ドキュメントを翻訳するときの問題点や、継続的に翻訳するために試行錯誤している現状について共有します。また、Railsの公式ドキュメントチームからコミット権をもらった経緯や、無料で公開しているドキュメントでどういったビジネス展開が可能かについてもお話しします。

プロフィール

Railsチュートリアル/Railsガイドの共同発起人。下北沢オープンソースCafe育ちで、CoderDojo Japanの中の人。YassLabという完全リモートワーク制の会社を経営し、Ruby/Rails開発や教材制作、翻訳技術研究に従事しています。

YassLab社の公開リポジトリ

20:10 〜 20:40 A Highly Experimental Talk On Pair Programming Don Werve

初心者からソフトウェアエンジニアの上級者に成長していく過程で、より効率的なコンセプトを習得していく「レベルアップ」的な経験をいくつも重ねていきます。
ペアプログラミングはそうした「レベルアップ」をもたらすもののひとつですが、単に2人の開発者が同じデスクに座るだけではペアプロをよりよいものにすることはできません。
どのように、なぜペアプロをするのかを紹介しつつ、どうなるとペアプロは失敗するかや、どうすれば生産的なペアプロをおこなえるのかをみていきます。

プロフィール

今回披露するテクニックのオリジナルは、MacBookの耐久テスト用デバイスとしてApple社が設計して来たものです。Donは、過去6年間をソフトウェアエンジニアとCTOの参謀として、タフなチームマネージメントと拡大して行く問題を解決するために会社を助け、世界中で活躍して来ました。Donは東京在住です。余暇の時間には、たくさんの本を読んだり、キッチンで新しい料理を創作したり、へとへとになるまで運動をしたりしています。

20:40 〜 22:00 オープンネットワーク

参加者同士で当日のプレゼンやRubyに関することについてご歓談下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。