Joule Thief Torch編 : Open Day Event @ THS

イベント内容

ホワイト又はブルーのLEDを光らせるには、普通3~5vの電圧が要求されますが、このトウチは1.5vの電池で動くんです!

目覚まし等で使えなくなったバッテリーが、Joule Thief Torchの回路では使えるのです。

それはなぜでしょう?

"電子工作の楽しさを多くの人に知ってもらいたい。" "少しでも興味を示してもらい。" という願いから誰にでも簡単に馴染める簡単な電子工作をご紹介いたします。その第一弾:Joule Thief Torch - weekend projectを開催いたします。

講義内容 1.Joule Thief Torch作成

  • 回路図の説明
  • →フラッシュライトの点灯の仕組み・バッテリーからのエネルギー供給の仕組み・スイッチの仕組み
  • 各部品の説明 →LED・抵抗・スイッチ・トランジスタ・コイル
  • 半田付けの実践
  • ※作品はお持ち帰りください。

電圧と電流の関係がイマイチはっきりしない初心者の方でも、丁寧に説明いたしますので 安心してご参加ください。

講師

Emery Premeaux

千葉大学が作ったベンチャー企業「自律制御システム研究所」にて、国産の「ドローン」の開発を手がける第一人者。

Akira Imai

自動車・電車などの電子機器などの組み込みおよび制御系開発に長年携わる。国内・国外で活躍。

場所

TokyoHackerSpace http://tokyohackerspace.org/en/book/map

人数

13名(参加人数が複数の場合、ポストしてください。)

時間

17:00~18:30

対象者

どなたでも。 【お子様(小学生12歳以下)の参加は保護者同伴必須】

電気・電気の基礎知識がない方・女性の受講者歓迎いたします。

料金: 2000円

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。