Elastic勉強会 in Kanazawa

イベント内容

概要

我々が日々製作しているウェブアプリや、いま流行りのIoTなどから得られるログ、データをどのように扱えば、視覚化、便利に可搬、製作にフィードバック、レポートを作成できるのでしょうか?そのソリューションのひとつがElastic社さまの製品です。

オープンソースのElastic Stack、つまりElasticsearch、Kibana、Logstash、Beatsを使用すれば、どのようなソースからもデータを取得して、リアルタイムで検索、解析、視覚化することができます。このStackでできることをさらに増やしてくれるのが、Shield (セキュリティ)、Watcher (アラート)、Marvel (モニタリング)、Graph、そしてreporting (近日リリース) などの製品です。また、サービスとしてデプロイしても、Elastic Couldを利用してオンプレミスでデプロイすることもできます。

(Powering Data Search, Log Analysis, Analytics | Elasticより抜粋、引用いたしました)

そのElastic社より大谷さまをお招きしまして、これら製品の勉強会を行います!

運営にはDMM .com Laboさま、Kanazawa.rbさま、JAWS-UG金沢さまのご協力を得ています。

みなさんぜひご参加ください。

内容

時間 内容
13:00〜 開場
13:10〜 オープニング
13:15〜 セッション1-2 Elastic社 大谷さまによる「Elastic Stackの紹介」
15:30〜 セッション3 Kanazawa.rb @hirolovesbeer さんによる「イベントネットワークにおけるsyslog分析でのElasticsearchの利用」(20分)
16:00〜 セッション4 JAWS-UG 金沢 @PharaohKJ さんによる「Amazon Elasticsearch Service やってみた」(20分)
16:30〜 セッション5 セッション3、4発表者 + elastic社さまによる 質疑パネルディスカッション

注意事項

開場の入り口ですが、日曜ということもありまして、ビル正面玄関ではなく、通用口からの入出場となりますのでご注意願いします。

懇親会

野町/居酒屋 - えん家さまを予約しています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。