OpenHABのルール機能を使ったIoT機器の自動制御 -ホームオートメーション102

イベント内容

画像

「ホームオートメーション101」に参加された方向けのハンズオンです。「ホームオートメーション101」でカバーされていないOpenHAB 2のルール機能によるIoT機器の自動制御をIoTマイコンを実際に動かしながら学習します。

OpenHAB 2とは・・・

OpenHAB 2(現在ベータリリース)は、鍵の開閉、照明や空調の制御、家電や音響システムの制御など、ホームオートメーション用途に開発が進むオープンソースのサーバーソフトウェアです。 iPhone の Siri もサポートするHomeKit (1)と共に使用できる拡張機能も用意されています。WindowsやOSX、Linux機にインストールして動かします。OpenHAB 2を使うとことで、IoT機器「モノ」からのセンサー値をスマホに表示させたり、「モノ」に合図を送ったり、「モノ」と「モノ」や「モノ」とサービスの連動ができるようになります。

(1) iPhone、Siri ならびに HomeKit は米国アップル社の商標です。

こんな方にお勧めします

  • 「ホームオートメーション101」でカバーされていないOpenHAB 2の自動制御機能を使ってみたい方
  • 自作IoT機器などから受けたモノの状態に応じてメールを送信するなど連動の基本に触れてみたい方

※モノクロスITの「ホームオートメーション101」ご受講済の方を対象としたハンズオンです。

この講座で習得するスキル

  • OpenHAB 2の自動制御機能(ルール機能)を使いIoT機器の簡単な自動制御ができる
  • OpenHAB 2の自動制御機能でIoT機器の状態に応じてメールを送信することができる
  • OpenHAB 2のルールの簡単な設定ができる

受講内容

  • IoTキットへの各種センサーの取り付け (IoTキットと各種センサーは「ホームオートメーション101」でお持ち帰りいただいたものを使います)
  • IoTマイコン、MQTTブローカー、OpenHABの役割の再確認
  • OpenHAB ルールの基本
  • OpenHAB ルールによる人感センサー検知でのLED点灯
  • 人感センサー検知でメール送信
  • 人感センサー検知によるLED点灯後、ルール機能のタイマーでLED 消灯
  • 光センサー値によるLED ON
  • 応用例の解説

受講料

9,000円

開講日時

12月18日(日)13時00分~16時00分

場所

江東区産業会館

定員

5名

持ち物

「ホームオートメーション101」でお持ち帰りのIoTキット(IoTマイコンESP8266搭載のブレッドボード一式)と人感センサーなどのセンサー一式をお持込ください。

※パソコンとmosquittoやOpenHAB 2を動かすシングルボードLinux機 Orange Pi One はお貸出しします。「ホームオートメーション101」でお持ち帰りいただいたOrange Pi Oneをお持込いただく必要はございません。

お問い合わせ

info@monoxit.com

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント