こもりまさあきのWebデザイン実践講座

イベント内容

概要

この数年でスマートフォンやタブレットなどのデバイスの多様化が進んでいます。Webサイト制作業務は、これまでのようなPCサイト/携帯サイトといった区別だけではその対応が難しくなっています。
端末の多様化による閲覧環境の変化は、サイト制作の考え方やそのワークフローすら変えてしまうものになっています。

多様なデバイスに対応するため、現在採られているスマートフォンに最適化する手法、すべてのデバイスで同じソースを提供するレスポンシブWebデザインの手法、どちらが向いているかどうかはサイトの性質や内容によってもその選択肢は変わってくるものです。
そこで必要とされるのは、個々の技術論ではなく環境変化に対応するための前提知識や考え方とも言えるでしょう。

本講座では、変化し続けるWebサイト制作の考え方、ワークフローなどを取り上げながら、これからのWebサイト制作をより効率的におこなうための考え方や手法を実践を交えながら学習します。
アプリケーションの操作そのものではなく、適材適所で最適な手法を選択し実装する方法をお伝えする予定です。

修了目標

本講座の受講修了時に、以下のスキル習得を目指します。

  • 閲覧対象の変化を認識する
  • 制作ワークフローの変化を理解する
  • 多様な環境を考慮したワイヤーフレームの設計ができる
  • フレームワークを利用したサイト制作を理解する

カリキュラム

1. Webサイト配信の現状

  • デバイスの多様化がもたらす未来
  • 通信環境の混在が引き起こす問題
  • 異なる閲覧環境へいかに対応していくか

2. 変化するWebサイト制作のワークフロー

  • 閲覧環境の違いによる制約を知る
  • 従来のサイト制作ワークフローの問題
  • 固定サイズによる画面設計がひきおこす問題
  • より柔軟に対応できるワークフローへ

3. 最新のWebデザインの考え方

  • 解像度に依存しないパーツ作りを覚えよう
  • CSS3による画像の置き換え
  • 高速化のためのCSSスプライトの利用
  • Webフォントを利用した書体の表現

4. ワークフローから学ぶ新しいWebデザイン

  • ワイヤーフレームの設計
  • スタイルタイルを用いたデザイン確認
  • 動作するモックアップの制作
  • スタイルガイドによる実装の簡略化

5. 多様なデバイスに対応するサイトの作り方

  • モバイルファーストによる情報設計
  • CSSプリプロセッサを使ったCSSの実装
  • フレームワークを使ったモックアップ制作

*カリキュラムの進度および内容は、受講者全員の理解度・習得度によって変更される場合があります。

使用アプリケーション

Adobe Photoshop CC, Fireworks, テキストエディタ など

講師

こもりまさあき

定員

6名(各種申込みサイト合計)

対象

  • サイト制作のワークフローがわかっている方
  • HTML/CSSの基礎的な知識がある方
  • PhotoshopやFireworksを使える方
  • サイトのディレクション業務をされている方

料金

29,800円(税込み)

会場

東京・原宿 ロクナナワークショップ

募集締切後のお申込み、お問合せ

本サイトでのお申し込みは、講座開催の1週間前に締め切られますが ロクナナワークショップ内講座概要ページ からは開催前日までお申込みいただけます。

受講規約など

受講希望の方は受講規約およびよくある質問のページを閲覧していただき、ご了承の後にお申し込みください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント