TOP

IoTハンズオン(センサー情報をクラウドへ、販売に繋げよう)

イベント内容

事前インストールは当日おこなう事に修正しました。

参加資格は、特になし、誰でも参加できます。

【内容】

センサから取得したデータをマイコンと通信モジュールを経由してプラットフォームに送信します。また、取得したデータを、プラットフォームの連携先となるサーバで活用するアプリケーション開発を行います。

協賛:さくらインターネット

参加資格 特になし、誰でも参加できます

参加費 無料

ご用意いただくもの ・パソコン  →インターネットもしくはWi-Fi環境に接続可能であること  →OSがWin,Mac,およびLinuxのいずれかであること  →USB2.0以上のポートを一つ以上備えていること

・事前にインストールしておいた方が望ましいもの(当日作業で行いますが、ネット環境などで手間取る事が予想されます)

インストーラは以下より最新のもの入手いただき、すべてデフォルト設定にてインストールください。(インストール5分位、動作確認プラスアルファ)   https://www.arduino.cc/en/Main/Software

LinuxOSの場合、サポートが難しい場合がございます。

お持込の場合、お手数ですが予め動作確認を実施いただくことを推奨いたします。

・ハンズオンで必要となる通信モジュール、Arduino、センサ、ブレッドボードおよびジャンパコード、温湿度センサはご用意いたします。 

※数に限りが御座いますので早めの申し込みをお願いします。

【予定】

13:30 受付開始(開場)

14:00 日本Androidの会 熊本支部紹介

14:10 Arduino開発用のソフトウェア(ArduinoIDE)インストール

14:20 「sakura.io」ご紹介   さくらインターネット コミュニティマネージャー 法林 浩之

14:40 「sakura.io」ハンズオン さくらインターネット コミュニティマネージャー 法林 浩之

ハンズオン詳細(予定)

1.マイコンおよびプログラムの構築(センサデータのアップロード)

用意したセンサ、および「さくらの通信モジュール」をマイコン「Arduino Uno」に接続し、sakura.ioにデータを送信してみましょう。

2.sakura.ioの設定

sakura.ioを構成する「プロジェクト」「モジュール」「連携サービス」を設定し、外部にデータを連携できるようにしましょう。

3.WebSocketによるデータ連携(さくらのクラウド)

IaaSである「さくらのクラウド」環境に、ほぼノンプログラミングで簡単なアプリケーションを構築可能な「Node-RED」を構築して、プラットフォームからデータを呼び出してみましょう。

※さくらのクラウドのアカウントはさくらインターネット様にてご用意頂けます。

17:40 後片付け

18:00 - 20:00 懇親会(MTG BOX4 ? 参加人数により変わりますので多くの方に参加して頂いた方が1人の負担が少なくなります)

2,000円 ~ 3,000円位?

※ハンズオンは通信モジュールを使用いたします。(さくらインターネット様にてご用意頂けます)

※申込状況等により参加者2名で1個のキットを共有して進めていただく場合がございます。

※タイムスケジュールおよび内容は、都合により変動する場合もございます。ご了承ください。

参加者
15人 /定員20人
申込先
会場
未来会議室
熊本県熊本市中央区下通1-12-27 CORE21 下通ビル5F

注目のイベント

コラム

イベント New

インメモリデータベースの今後。新領域への適用可能性 - デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 -

2018年3月6日(火)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最新...
67 views
インタビュー

【eiicon×サムライインキュベート】事業創出支援「Open Innovation BootCamp Program」スタート!

ここ数年で、オープンイノベーションに対する企業の関心は急速に高まっている。しかしながら、「どうしたら...
100 views
イベント

4月(後半)に開催する注目のITイベント・勉強会まとめ 28選

4月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加くだ...
1,435 views