【ブロックチェーンの基盤技術をマスター】暗号技術のリテラシー

イベント内容

【講師】斉藤 賢爾 (ブロックチェーンハブ Chief Science Officer、慶應義塾大学 SFC 研究所 上席所員 )

【主催】ブロックチェーンハブ https://www.blockchainhub.co.jp/ 

【内容】

ブロックチェーンが使用している暗号技術、暗号学的ハッシュ関数(SHA-256)だけでなく、ライトコインのscrypt、イーサリアムのEthash等、具体的な関数についてや、公開鍵暗号とデジタル署名がブロックチェーンのどこに使用されているか、さらには、ビットコインにおけるセキュリティ上の課題や、特性をついた攻撃について、最後に新たなブロックチェーンの様な基盤を作っていくために、どんな技術が使用できるかまで解説します。

レクチャー終了後、講師との質疑応用の時間を設けます。また、イベント終了後21:00まで講師に個別に質問をすることも可能です。

レクチャー終了後に使用した資料はブロックチェーンアカデミーのサイトからダウンロード可能です。https://www.blockchainacademy.jp/

【対象】

・ブロックチェーンの基盤技術の一つである暗号技術まず90分で理解したいビジネスパーソンおよび技術者
・ブロックチェーンを使った事業を検討している、またはこれから検討する方
・ブロックチェーン関連ビジネスで起業を検討している方

【ブロックチェーンアカデミー・基盤技術のラインナップ

お好きな回だけ選んで受講できます

・ ビットコインの技術

・ 暗号技術のリテラシー (今回)

・ 分散システムのリテラシー

・ ブロックチェーン 2.0

・ スマートコントラクト

・ ハイパーレッジャーとその他の分散レッジャー技術


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント